2010年05月20日

DME Stage5 25-26コマ目

最近寝る前に、DMEの復習をすることが日課となっています。自分にDME本の質問をして、それに本を見ずに答えるというものですが、とても眠くなるので寝られない夜にはうってつけです。たまにICレコーダーに自分の答えを録音して聞くのも、自分の弱点を発見できるので良いです。

昨日もJaymar先生のクラスを二コマ受けましたが、連続しては予約できなかったので、途中にbreakをはさみました喫茶店

Lesson74からGrammer Lesson5Bまで進みました。ここでやっと受動態(passive voice)が登場ですexclamation中学校の時、受動態は比較的早い段階で登場していたような?受動態は主語をはっきりさせないので、主語を省きがちな日本人には分かりやすいのかもしれません。私も、受動態はStage5で出てきた他の文法よりは分かりやすかったので、割とサクサク進みましたグッド(上向き矢印)

さて、私はDMEの文法の定義が簡潔で分かりやすくて大好きなのですが、今回の受動態の定義も良かったです。

Passive voice
-We use the passive voice when the subject of the sentence is not important or not very interesting.
→受動態は、文の主語が重要でないときや、それほど興味深くない時に使われる。

「文の主語が重要でないときや、それほど興味深くない時」と言い切っているところが相変わらず素敵ですぴかぴか(新しい)学校でもこうやって教えてくれればいいのに・・・。中学校の時の授業では、能動態⇔受動態を書き換える練習ばかりしていて、受動態がどんな時に使用されるか?というのにあまり重点が置かれてなかった気がします・・・。
一般的には、受動態を使うのはあまり好まれないらしく、Microsoft wordでも受動態を使った文はスペルチェックに引っかかったり、翻訳をしていても受動態は多用しないで、と言われることがあります(技術文書は除く)ひらめき

明日は、友人とサイトトランスレーションの勉強会なので、夕方は予習に勤しまなければですあせあせ(飛び散る汗)
サイトトランスレーションとは、英語の記事を頭から日本語で訳していくという練習で、英文を英語の順序のまま理解するのに役立ち、同時通訳の練習法に使われています。私達は、英国の"the economist"からひとつ記事を選んで隔週で行っていますが、もう二年ほど続いていて、読んだ記事も何十に上っています。以前は、お互い近くに住んでいたので仕事帰りに喫茶店で行っていたのですが、今は私が引っ越したのでスカイプを使って自宅で行っています。DMEでもお世話になっているし、本当にスカイプ様様揺れるハートです。そして、私一人では絶対にこんなに継続できなかったので、一緒に勉強する友人がいてくれて本当に感謝ですわーい(嬉しい顔)


posted by Haru at 10:57| 東京 ☁| Comment(0) | DME (Stage5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DME Stage5 23-24コマ目

今回も書いた記事が消えてしまいましたふらふら気を取り直して書き直します。

前回、Jaymar先生の授業を2コマ続けて受けました。Lesson72の終わりからLesson73の終わりまで進みましたグッド(上向き矢印)Stage5はLesson79までで終わりなので、少し先が見えてきました手(グー)

今日のレッスンでは結構つっかえてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)今まで、復習はしっかりしているものの、予習は全くせずぶっつけ本番で臨んでいるので自分の答えを述べることが求められてくるStage5だと、答えに窮してしまうことがあります。テキストを眺めるくらいの予習はしようかな〜とも思ってきました。
それから、二コマ連続で受講するのもそろそろきつくなってきました。一日一コマにするか、二コマ受講しても途中にbreakをはさむか、受講方法を見直す時かもしれません。

今日のレッスンでは、相変わらずチャンクの英熟語に余分な冠詞を入れたり、逆に抜かしてしまったりしました。

- go to hospital (go to "the" hospitalではない)
- go to prison (go to "the" prisonではない)
- go on holiday (go on "the" holidayではない)
- in a hurry ("a"を忘れずに)

それから、動詞"prepare"が新出単語として出てきました。"prepare for”と自動詞で使われる時は「〜対して備える」となりますが、"prepare+物"と他動詞として使われる時は「準備する」となるので混乱しないようにしたいです。

自動詞としてのprepare〜対して備える」
- I am prepared for the worst.
→私は万一に対して備えている
- I prepare a lot for a long journey.
→私は、長旅に備えてしっかり準備をする。

他動詞としてのprepare準備する」
My father prepares the meals in my house.
→私の家では、父が食事の準備をする
posted by Haru at 03:59| 東京 ☔| Comment(0) | DME (Stage5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

DME Stage5 21-22コマ目

今日もJaymar先生の授業を二コマ続けて受けました。最近、回線の調子が悪く、今日も10分位時間をロスしてしまいました。昨日の様に殆ど何も聞こえない状態より遥かにマシでしたがたらーっ(汗)

今日はLesson72の途中まで進みましたるんるんStage5はLesson79まであるのでまだまだ道は遠いです。今日の復習含むレッスンで引っかかったところを箇条書きにしていきたいと思いますペン早くこれらが普通に使えるようになりたいですパンチ

Lesson71

-kilometre[ki-lom-i-ter, kil-uh-mee‐]アクセントを置く位置は、第一シラブルよ、とのことでしたが、どうしても第二シラブルに置いてしまった。辞書を見るとどちらでも可の様だが、先生に従う事にする。

-fall[fawl]とfail[feyl] の発音が混乱しないようにするあせあせ(飛び散る汗)

Lesson72

-rise(自動詞)上がる
-fall(自動詞)落ちる
☆この二つの動詞は自動詞として使うこと!
ex)The temperature doesn't rise in November, but it falls.

-fail to do(自動詞)(〜に)失敗する
-succeed in doing (自動詞)(〜に)成功する
ex)I don't usually fail to answer your questions, but I succeeded in answering them.

posted by Haru at 17:09| 東京 ☁| Comment(0) | DME (Stage5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

DME Stage5 19-20コマ目

数日前あせあせ(飛び散る汗)Jaymar先生のレッスンを二コマ続けて受けました。

Lesson71(文法レッスン5Aを含む)を終わらせたのですが、私には非常にややこしい文法がでてきましたー(長音記号1)理解のため、下にまとめてみます。

1Past continuous(過去進行形)

We use the past continuous for a continuous action at a particular time in the past.
→過去進行形:過去のある特定の時に進行中の動作を表す時に使う。

ex) - I was reading my newspaper at home yesterday at 6 p.m.
→私は、昨日の夕方6時に家で新聞を読んでいた。
(昨日の夕方6時:過去の特定の時、新聞を読んでいた:過去に進行中)
- They were working in the company 2 years ago.
→彼らは二年前その会社で働いていた。
(二年前:過去の特定の時、働いていた:過去に進行中)

2We use the past continuous plus the past simple when one action happened during another action in the past.
→ひとつの事が起こっている間に、もうひとつの事が起こった場合、過去進行形単純過去形を使う。

ex) - I was reading my paper when somebody opened the door.
→誰かが入ってきた時(過去)、私は新聞を読んでいた(過去進行形)
- They got the prize while they were working in the company.
→彼らがその会社で働いていた時(過去進行形)、彼らは賞を取った(過去形)

We use while before the past continuous but when before the past simple.
→過去進行形の前にはwhileを使い、過去形の前にはwhenを使う。

レッスンを受けている間、なぜ過去進行形の前にはwhileで、過去形の前にはwhenなのか理解できなかったのですが、whileは(〜の間)という継続(線)を表すので過去継続形、whenは(その時)というその瞬間(点)を表すので、過去形を使うのですねひらめきすっきりして嬉しいexclamation

3We use the past continuous plus the past continuous when two actions were happening at the same time in the past.
→二つの動作が同時に起こっていたことを表すには、過去進行形過去進行形を使う。

ex) - I was reading a German book while my husband was cooking dinner.
→夫が料理を作っている間、私は本を読んでいた。

- I was listening to you while you were asking her a question.
→あなたが彼女に質問をしている間、私はあなたの質問を聞いていた。

この用法の際は過去進行形を使うので継続を表す"while"を使うみたいですねひらめき

以上の事が良く理解できていなかったので、5Aの文法レッスンは散々な出来でしたあせあせ(飛び散る汗)

今日は、夫が一日中いないので勉強三昧だ〜るんるんと思い、DMEレッスンを二コマ予約したのですが、回線状況が悪くなんと復習の一問しか
進みませんでした。今まで100回以上受講してきましたが、こんな事は初めてですバッド(下向き矢印)残念バッド(下向き矢印)


  

posted by Haru at 13:14| 東京 ☀| Comment(0) | DME (Stage5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

DME Stage5 17-18コマ目

今日は注文していた家具が届く日なので、午前中から正午過ぎまで外に出ることが出来ません。天邪鬼なわたしは、出るなっていわれると逆に外出したくなります車(RV)

それはさておき、午前中にJaymar先生の授業を二コマ受講しました。最近復習がおろそかだったので、前回の復習に加えて、今までのStage5のレッスンも復習して授業に臨んだところ、良く口がまわり、普段のペースよりも早くレッスンが進み、Lesson71のさわりまで終わりました晴れレッスンの内容ですが、Lesson69で苦手な数字(長さの単位)が出てきて焦りましたあせあせ(飛び散る汗)私なりにまとめてみます。

metre:メートル
centimetre:センチメートル
inch:インチ
foot:フィート
yard:ヤード
1インチ=2.45cm、1フィート=30.48cm、1ヤード=91.44センチ=3フィート

それから、新出動詞provideの用法にも慣れたいところです。provideという動詞を使いこなせると、さらに英語で物事を表現する幅が増える気がしまするんるん
providewith 物→人に物を提供する

DMEの例文だと
1The name of the company that provides me with the Internet is Dialogue.
→私にインターネットサービスを提供している会社の名前はDialogueです。
2The school provides us with the books that we need to study.
→その学校は、私たちが勉強するのに必要な本を提供してくれる。

明日に向けて復習を頑張りますパンチ


posted by Haru at 13:09| 東京 🌁| Comment(0) | DME (Stage5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。