2010年09月03日

Have+something+doneの用法

今日は一コマレッスンを取ったのですが、PCの調子が悪く殆ど全部の時間を無駄にしてしまいました。よって、今日のレッスンはコマ数にカウントしないことにしましたあせあせ(飛び散る汗)まあ、軽くフリートークはしたのでいいか、と思ってますが残念です。

これだけでは何なので、Stage 7 Lesson 110でさらりとでてきた"Have+something+done"の形について考えてみたいと思います。

この形、Lesson6でも以下のように出てきました。この形を@とします。
- We use have something done when somebody does something for us because we don't want to do it or can't do it ourselves (DMEテキストより).
→"have something done"は、やりたくない、もしくは出来ないことを他人にしてもらう際に使う型。

例文は、I have my flat painted. アパートの壁を塗ってもらった。

ここまでは納得ひらめきです。

しかし、この@の考え方でStage7に出てくる一文を読むとさっぱり意味がわからなくなってしまいます。

I realize how many people have their mobile stolen every year.

ここで、辞書を引くと"Have+something+done"は二つの用法があることがわかります。一つ目は上で書いた使役の用法「だれかに〜をしてもらう」二つ目は以下の様にありました。
Ato suffer the effects of what someone else does to you. 他人から受ける仕打ちで被害を受けること。自分の物を〜される(被害を受ける)

このように考えると、I realize how many people have their mobile stolen every year.の意味は、私は、毎年どれだけの人が携帯を盗まれる被害にあっているかを知っている。となりますね。

例)The house had its roof ripped off. その家は強風で屋根を剥ぎ取られた。

ちなみに、アメリカ人がhaveをつかった@の使役の用法は「ちょっときどった感じに聞こえる」と言っていました。カジュアルな会話だと、haveのかわりにgetを使うようです。





posted by Haru at 21:48| 東京 ☀| Comment(2) | DME (Stage7) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。