2010年09月09日

DME Stage7 49コマ目

今日はAnne先生のレッスンを1コマ受けましたペン明日はベルがお休みとのことで、もう1レッスン受けたかったのですが、予約が取れなかったのであきらめましたダッシュ(走り出すさま)今日でレッスン113が終わり、あと3レッスンでステージ7が終わるのですが土日は結婚式の打ち合わせ等で忙しいので、次受講するのは来週月曜日になりそうですあせあせ(飛び散る汗)ステージ7、早く終わらせたいです。

昨日のCeleste先生も言っていたのですが、レッスン113はいつもに増してお役立ちフレーズがたくさん出てきましたペンテキストの例文と共に記載してみたいと思います。

1. Seat
- The seat of the American government is in Washington.
→ 英単語"seat"ですが、名詞ではおなじみの「席」という意味の他に「(政府・行政・大学・活動等の)所在地・中心地」という意味があるそうですひらめきここでは、「米国政府の所在地はワシントンだ」という意味でしょう。

2. The disabled
- Some people park their cars in the places marked for the disabled.
→"The disabled"と"the"がついて「身体障害者」となります。オックスフォード英語辞典に、handicappedとdisabledの違いについて述べてありました。
"Disabled is the most generally accepted term to refer to people with a permanent illness or injury that makes it difficult for them to use part of their body completely or easily. Handicapped is slightly old-fashioned and many people now think it is offensive. The expression disabled people is often preferred to the disabled because it sounds more personal."
Handicappedという単語は、失礼と考える人が今は多いので、disabledを使ったほうがよいとのことです。そして、the disabledとひとくくりにするより、disabled peopleとして表現した方が個人的(personal)で温かく聞こえるので好まれるようです。

3. prejudice (名詞)とprejudiced(形容詞)
prejudice (名詞)偏見、毛嫌い
-Women in my country have to fight some prejudices at work.
→日本の女性は、職場で偏見と戦わなければならない。
"s"がついて加算名詞として使われていますね。

prejudiced(形容詞)
prejudiced againstだと「〜に理由なく(悪い)偏見を持つ」なので「毛嫌いする」が適当でしょうか。
- Some people are prejudiced against religion and race.
→宗教や人種を毛嫌いする人がいる、宗教や人種に偏見を持つ人がいる。

逆にprejudiced in favor ofだと「〜に理由なく(良い)偏見を持つ」なので「(えこ)ひいきする」
- Teachers are often prejudiced in favor of students who always get very good marks.
→先生はよく、テストで非常に良い点を取る生徒をえこひいきする。

prejudiced in favor ofの例文では他に、フランス人は外食を訳もなく好む、とかポーランド人は外国語を勉強するのを訳もなく好むとかいう例文が出てきましたあせあせ(飛び散る汗)

それからmisunderstand(動詞:誤解する)やmisunderstanding(名詞:誤解)等の単語も出てきましたひらめき

今日は、涼しくて過ごしやすい日でした。昼休みに公園で勉強していたのですが木が紅葉し始めていたり、赤とんぼが飛んでいたり秋の訪れを感じました。





posted by Haru at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | DME (Stage7) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。