2011年03月12日

地震

昨日、地震が起こった時、都内で勤務中でした。今までに経験したことのない非常に大きな横揺れがしばらく起こり、一瞬なにが起こったのか分かりませんでした。その後、社内が騒然となり、女性の中には泣き出す人もいました。

交通機関がすべてマヒしてしまい、会社の親切な方に車で送っていただいたのですが道路が非常に渋滞していました。その方も遠いところから通勤しているので帰れなくなったら申し訳ないと考え、途中で降ろしてもらい4時間かけて歩いて帰りました。迷わずに帰れるか心配だったのですが、道には歩いている人がたくさんおり、道がわからなくなっても親切に教えてくれました。

夜の11時には無事に家に着いたのですが、家にいるはずの夫が見当たりません。電波の関係で遅れて届いた携帯メールを見たところ、私を迎えに車で会社まで向かったとのこと。無事に帰ってきたことを伝えたく何度も携帯に連絡を取ろうとしたのですが、通じなく、非常に不安な夜を過ごしました。結局、電話が通じ、夫も深夜2時には帰宅できたので安心しました。

帰宅して初めてテレビをつけたのですが、あまりの惨状に呆然としました・・・。本当に本当にこれ以上被害者の方が増えないよう、そして一人でも多くの方が救助されることを願ってやみません。被災地で命をかけて人命救助にあたっている皆様に、心から敬意を表します。私も、被害にあわれた人々のために何ができるか、今から考えていきたいと思います。


都心に住んでいる姉の家は、高いところにある物がすべて落下したとのことです。三歳の甥がいるので、もし頭に直撃していたらと思うとぞっとします。幸い外出していて無事でしたが。


今もテレビで緊急地震速報が頻繁に流れており、早めに寝ようとは思っていたのですが、心配で寝つけません。万が一何かあった時のために、非常時の備えを枕元に置き、そのまま逃げられる服装で寝ようと思っています。皆様もどうぞお気をつけ下さい。それから私にも届きましたが、悪質な「デマメール」には十分警戒してください。












posted by Haru at 15:10| 東京 ☁| Comment(0) | DME (Stage 10) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。