2011年03月28日

DME Stage 10 37-38コマ目

昨日はグレセル先生で2コマ受講して、レッスン165の途中まで進みました。ステージ10も残すところあと2レッスンですが、グラマーレッスンはあと2つ残っています。最近は以前出てきた文法の復習ばかりなので比較的ラクですペン

グレセル先生のレッスンは二回目なので、色々聞かれました。なぜ英語勉強しているの?どうしてイングリッシュベルを選んだの?なぜCNNや発音クラスは取らないの?等です。発音クラスやフリートーククラスはたまに受講していたけど、CNNクラスがあるのはすっかり忘れてました。一年以上DMEをやっていると伝えたら驚いていました(私も驚きですが)。新しい先生だとほぼ「ステージこんなに進んでるのね!」とびっくりされるのですが、心の中で「なのに英語力はこの程度・・・」と思われてたりしてとか色々考えてしまい、それが初めての先生を受講するのに二の足を踏んでしまう理由の一つでもあります。

今日は、月曜日なのでレッスンをお休みしました。残業もなく、19時前には家に帰れて気持ちに余裕があります。今日は、朝レッスン160と161のメモ書きを修正しました。それから、一人DME ステージ2を終わらせました晴れ寝る前にステージ10の一人DMEをしようと思います。

run out of 〜が尽きる


posted by Haru at 21:44| 東京 ☀| Comment(4) | DME (Stage 10) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッスン164 メモ

レッスン164メモです。ステージ10の前半から比べると易しくなってきている気がします雷

light (他動詞)(人が)(物に)明かりをつける、明かりをともす
 light/lit or lighted/lit or lighted

ひらめき We prefer to use lit for the past tense and the past participle and lighted as an adjective before nouns to mean burning.
litは過去形・過去分詞形として使い、lightenedはburning「火のついている・点火している」という形容詞として名詞の前に置かれることが多い(限定用法)。

He lit a match. He put a lighted match to a piece of paper.
彼はマッチに火を点けた。彼は紙に火のついたマッチを灯した。

They lit houses with candles 300 years ago.
300年前はろうそくで家の明かりをともしていた。

wax (名詞)蝋、(家具や車をみがく)ワックス (動詞)蝋・ワックスを塗る、ワックスで脱毛する

Candle's made of wax.
ろうそくは蝋でできている。

Women wax their legs to get rid of hair.
女性は脱毛するために足にワックスを塗る。

pot (深めの)なべ
pan 平なべ
kettle やかん

We use pots, pans and kettles for boiling or cooking things in.
ゆでたり、料理するのに、なべ、フライパン、やかんを用いる。

flowerpot 植木鉢

that's the pot calling the kettle black鍋がやかんを黒いと非難する。実際はお互いさまなのに、一方が他方をばかにしたり非難したりする状況。目くそ鼻くそを笑う

The future revision の復習がここであります。





posted by Haru at 01:01| 東京 ☀| Comment(2) | Stage 10 メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。