2011年09月29日

2011年9月の報告

最近は秋晴れが心地よい日が続いていますねぴかぴか(新しい)憂鬱な朝の出勤でも、玄関のドアを開けて秋の日差しを浴びると途端に幸せを感じ、駅までの道のりも楽しくなってしまいます。大好きな季節ですハートたち(複数ハート)

9月も終わりですが、9月は結局日記を5つしか書けませんでした。9月はお医者さんのアドバイスに従って自宅では「ひたすらごろごろ」を実践してきました。匂いにとても敏感になってしまったので、料理から食器洗いまでほとんど夫にやってもらってますあせあせ(飛び散る汗)帰りは遅いのに文句ひとつ言わずやってくれるので、本当に助かります。料理はできない夫でしたが、先日彼のPCを覗き込んだらどこで見つけたんだかお気に入りに"cookpad"が登録されていて、ちょっとホロリとしてしまいました。

そんなわけで勉強もほとんどしていません。電車の中と昼休みくらいです。幸い仕事で英語は使うので、英語に触れない日はないのですが・・・。しかしオンラインレッスンも取ってないので、PCを立ち上げるのも数日に一回くらいになってしまっています。

電車の中で勉強と言っても洋書を読んでいるだけで、今は図書館で借りたダニエル・スティールの"The Klone and I"(250ページ)というラブコメを読んでいて、明日には読み終わりそうです。ダニエル・スティールは二冊目で、数年前に"accident"という小説を読みました。"The klone and I"の内容は、40代の離婚経験あり子持ち女性が、パリでハンサムでリッチで申し分なく素敵な男性に出会いますが、彼のクローンが登場で思わぬ三角関係が、という話です。気楽に楽しめて、気分転換に良いです。大人向けの本なのに、英語も簡単で辞書がほとんどいらないくらいで、トワイライトよりずーっと楽でした。ダニエル・スティールとシドニー・シェルダンは洋書を読み始めたばかりの人にも読みやすいありがたい作家だと思います。

9月は勉強は一旦お休みする、と決めた直後は自分で決めたことなのに不安になってしまい、今までの勉強方法を記録した日記をつけてすぐに復帰できるようにしたり、リンクのお友達のブログを読んで、こんなに勉強しているんだ、と一人焦ってしまったりしていました。しかし一週間もすると、勉強をしない日々にすっかり慣れてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)今、皆さんのブログを読んでいると、あらためて皆さん本当に勤勉だな、と感心してしまいます。もとから勤勉な人がDMEをやっているのか、それともDMEを進めるには勤勉にならざるを得ないのか、どちらなのでしょうか。皆さんさらりと記録されていますが、このスピードで多読してDMEレッスンを受けたり、レッスン以外にもフリートークやら、単語の勉強などしていて、でも本業は学生じゃなくて会社員だったり主婦だったり別にあったりするのですものね。すごいです。私も皆さんを見習って、11月からこの遅れた分を取り返せるように頑張りたいです。
posted by Haru at 19:36| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

トワイライトとボキャブラリの関係

昨日は雨風がひどくなってきたので、電車が止まることを危惧してお昼過ぎに早退させてもらいました。
先日傘をなくしてしまい、仕方なくビニール傘で出社し強風であっけなく壊れてしまいましたが、折りたたみ傘を持参していたので何とか帰ってきました。とにかく強い風、ななめに降り注ぐ豪雨で前へ進むのがやっとでした。帰宅してニュースを観ていたら、帰宅指示が出た会社として夫の会社が挙げられており、間もなく夫が帰宅し、一安心して、夜の8時には寝てしまいましたダッシュ(走り出すさま)最近起きている時はつわりで毎日船酔い状態で、寝ている時だけが安堵の時です。

なので勉強はお休み中ですが、電車の中でトワイライトの原書は相変わらず読んでいます。そういうとすらすらと何の苦もなく読んでいるみたいに思われるかもしれませんが、実際は電子辞書を引き引き四苦八苦して読み進めています。周りの「おとなしく日本語訳読んどけ」という視線が痛いです(考えすぎ?)。

予備知識なしで読み始め、やっと第一巻を読み終えますが、分からない単語がたくさんあり結構苦労しました。分からない単語は読み飛ばしてもだいたい全体の意味はわかるのですが、そうするとあらすじだけ追っているような読み方になってしまい、せっかく面白い本にめぐりあったのにそれじゃもったいないかなと思ってしまいます。

例を挙げると・・・

主人公の高校生ベラがやっと吸血鬼である同級生エドワードに対する愛情を自覚したシーンですが、

I was unconditionally and irrevocably in love with him.

と書かれています。"in love with"「愛している、惚れている」というフレーズは知っているので、ベラちゃんもやっとエドワードが好きって自覚したのね、ということは辞書を使わない段階でわかります。

そのまま読み進めても意味は通りますが、分からない単語(フレーズ)を辞書で調べ"unconditionally and irrevocably"は「無条件かつ取り返しがつかないほど」という意味と分かってやっと、吸血鬼であるエドワードを愛し続けていくことに対するベラの覚悟やその後の苦難を乗り越えられるほどのベラの愛情の深さを知ることが出来る気がします。

しかし、トワイライトって小学校四年生〜向けなのですねあせあせ(飛び散る汗)自分のボキャブラリーの少なさを痛感させてくれる本でした。DME等を通じて、Active vocabulary(理解できて自分でも使いこなせる語・DME/TOEICレベル)の習得には努力しているつもりですが、映画・本をきちんと理解したいのならPassive vocabulary(会話では使わないけど、見たり聞いたりすれば意味が分かる難しめの語)もできるだけ増やさないとな、と思いました。日本語でもPassive vocabularyとして理解している単語はたくさんあるので(凋落、自明の理である、など)、無理してactive vocabularyにする必要もないし、とりあえず見てわかる位になるよう読書を通じて勉強していきたいと思います。





posted by Haru at 05:43| 東京 ☀| Comment(6) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

August XXX

August xx

Yesterday I took a day off from work to see my gynecologist. It was our second appointment after tests failed to detect an embryo 10 days before. She had urged me to come back, and I was so nervous to see her. If she couldn't find an embryo this time, it could imply my pregnancy was a failure.

The doctor is an outspoken woman in her 40s. Her bluntness intimidated me at our first meeting, but I got used to it eventually. Like many doctors in Japan, she has her own busy clinic. I had to wait for 90 minutes before I was finally called in.

After an examination, she confirmed me that an embryo had been detected. I was so relieved; I was over the moon for a moment! Then, she told me the due date, which is next year. I asked her if I could keep up my swimming. She frowned, then said,"Have you ever seen a pregnant woman swimming? I don't think so. If the staff knew you were pregnant, you would be taken out of the pool by any means. You obviously have never read a book on pregnancy. You had better study more books."

It was stated in her usual intimidating way. Normally, I wouldn't have talked back to her and would have just said "Yes" meekly. But that day, I said to her, "You're right. But please do not forget that I knew I am going to be a mother just 5 minutes ago. I know I have a lot of things to learn and I'm willing to do it from now on". The doctor smiled, and I smiled back. Now I am going to a mother, and a mother has to be strong.
posted by Haru at 10:00| Comment(4) | Journals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

フリートーク2コマ

今月に入ってから体調を優先して勉強は殆どしていないのですが、調子のよさそうな時はベルでフリートークレッスンを取ってます。今後もオンラインでの英語レッスンは続けていきたいと思っていますが、どういう風に続けていくかは、もうちょっと落ち着いてから考えようかなと思っています。

今日はダニエル先生でフリートークを二コマ受講しました。普段フリートークを受講する時は一コマなので、二コマ(50分)も話題が持つか、質問事項や教材など用意してから受講した方がいいのか悩みましたが結局何も準備せずレッスン時間がきてしまい、ちょっと不安なままレッスンに入りました。ダニエル先生には開口一番「今日は仕事より家で昼寝するのにうってつけの日だ。帰りたい。」などと言われさらにひるみましたが、先生もだんだんヒートアップして結局30分延長してましたあせあせ(飛び散る汗)レッスン後に歯のクリーニングの予約をしていたのですが、そんな訳で時間がなくほぼすっぴん+メガネで歯医者に行く羽目になりました。担当の衛生士さんがきちんとメイクした綺麗な若い女性だったので、よけい恥ずかしかったです。

ダニエル先生とのフリートークでは、フィリピンの文化、習慣、食べ物などについて話すことが多いのですが、先生独特の視点から話してくれるのでこれがなかなか興味深いです。先生の家族や親戚の話も多いですね。

これから英語の勉強をどう続けるかの相談にも乗ってもらったのですが、DMEをステージ12まで終わらせたと言っても信じてもらえませんでした。どういうことかは今はあまり深く考えないようにしよう・・・ふらふらダニエル先生にはアドバンス取ってみたら、と勧められましたが確かにダニエル先生で受講したらすごく勉強になるかもしれません。

以前お試しでアドバンスを受講させてもらったのですが、まず、先生がテキストに出てくるある分野の関連単語、その単語の定義を読み上げ、生徒がそれをリピートした後、その単語についての質問に答えていくものというものでした。たとえば、「労働」だったら"labor"moonlighting""work"などの関連単語を先生の後に続いて生徒が発音して、その後先生が"labor"の定義を読み上げ、生徒はその定義を繰り返し読み上げた後、質問に答えます。テキストの言葉の選択や定義などはすごく分かりやすい、と思ったのですが、お試しを受けたときの先生が代講で準備する時間がなかったのか、私の回答を「そうだね」というだけで次へ進んでしまい、文法の訂正やアドバイスがほとんどなかったのがちょっと残念でした。

話はアドバンスに逸れましたが、ダニエル先生やリン先生は、まだまだ流暢には話せない私との会話でもまるで友達に話しているように楽しく話をしてくれてそれがいつもすごく嬉しいです。こういう先生のレッスンを受けると、早くもっと英語を上達させていろんなことを話し合ったり、伝えたりしたくなりまするんるん

posted by Haru at 13:07| 東京 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

Happy Birthday Wish

It was my husband's 28th birthday last Sunday. I put some birthday gifts beside his pillow early in the morning. I guess I succeeded in surprising him, but I am not sure if he was really happy with the gifts: a leather wallet and two nice pairs of chopsticks. He had hinted that he wanted to have a new computer, which I couldn't afford at all!

Anyway, our usual birthday tradition is to go to a nice restaurant. But this year, he told me he wanted to celebrate his birthday at home, having his favorite Italian dish for dinner. To be honest, it would have been much easier for me to spend time in a restaurant rather than at home, because all I do at a restaurant is just sit, eat and pay the bill. But it was his birthday, and people have to obey the celebrant's wish. So, I had to look everywhere in our small town to find some unusual Italian ingredients, such as mushrooms, spices and vegetables. Finally I managed to cook cream spaghetti with porcini mushrooms, ratatouille (it's actually a French dish), lasagna, and a bowl of soup. I didn't have time to bake a cake, so I bought two pieces of shortcake. He seemed happy with all of the food, and his satisfied expression made me feel rewarded for my effort.

Well, this will be the last birthday for just the two of us, because we are expecting a baby next year. The thought of it makes me excited of course, but I'm sure I will miss the precious time we spent together.
posted by Haru at 18:48| 東京 ☀| Comment(10) | Journals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。