2011年09月22日

トワイライトとボキャブラリの関係

昨日は雨風がひどくなってきたので、電車が止まることを危惧してお昼過ぎに早退させてもらいました。
先日傘をなくしてしまい、仕方なくビニール傘で出社し強風であっけなく壊れてしまいましたが、折りたたみ傘を持参していたので何とか帰ってきました。とにかく強い風、ななめに降り注ぐ豪雨で前へ進むのがやっとでした。帰宅してニュースを観ていたら、帰宅指示が出た会社として夫の会社が挙げられており、間もなく夫が帰宅し、一安心して、夜の8時には寝てしまいましたダッシュ(走り出すさま)最近起きている時はつわりで毎日船酔い状態で、寝ている時だけが安堵の時です。

なので勉強はお休み中ですが、電車の中でトワイライトの原書は相変わらず読んでいます。そういうとすらすらと何の苦もなく読んでいるみたいに思われるかもしれませんが、実際は電子辞書を引き引き四苦八苦して読み進めています。周りの「おとなしく日本語訳読んどけ」という視線が痛いです(考えすぎ?)。

予備知識なしで読み始め、やっと第一巻を読み終えますが、分からない単語がたくさんあり結構苦労しました。分からない単語は読み飛ばしてもだいたい全体の意味はわかるのですが、そうするとあらすじだけ追っているような読み方になってしまい、せっかく面白い本にめぐりあったのにそれじゃもったいないかなと思ってしまいます。

例を挙げると・・・

主人公の高校生ベラがやっと吸血鬼である同級生エドワードに対する愛情を自覚したシーンですが、

I was unconditionally and irrevocably in love with him.

と書かれています。"in love with"「愛している、惚れている」というフレーズは知っているので、ベラちゃんもやっとエドワードが好きって自覚したのね、ということは辞書を使わない段階でわかります。

そのまま読み進めても意味は通りますが、分からない単語(フレーズ)を辞書で調べ"unconditionally and irrevocably"は「無条件かつ取り返しがつかないほど」という意味と分かってやっと、吸血鬼であるエドワードを愛し続けていくことに対するベラの覚悟やその後の苦難を乗り越えられるほどのベラの愛情の深さを知ることが出来る気がします。

しかし、トワイライトって小学校四年生〜向けなのですねあせあせ(飛び散る汗)自分のボキャブラリーの少なさを痛感させてくれる本でした。DME等を通じて、Active vocabulary(理解できて自分でも使いこなせる語・DME/TOEICレベル)の習得には努力しているつもりですが、映画・本をきちんと理解したいのならPassive vocabulary(会話では使わないけど、見たり聞いたりすれば意味が分かる難しめの語)もできるだけ増やさないとな、と思いました。日本語でもPassive vocabularyとして理解している単語はたくさんあるので(凋落、自明の理である、など)、無理してactive vocabularyにする必要もないし、とりあえず見てわかる位になるよう読書を通じて勉強していきたいと思います。







posted by Haru at 05:43| 東京 ☀| Comment(6) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。