2011年09月29日

2011年9月の報告

最近は秋晴れが心地よい日が続いていますねぴかぴか(新しい)憂鬱な朝の出勤でも、玄関のドアを開けて秋の日差しを浴びると途端に幸せを感じ、駅までの道のりも楽しくなってしまいます。大好きな季節ですハートたち(複数ハート)

9月も終わりですが、9月は結局日記を5つしか書けませんでした。9月はお医者さんのアドバイスに従って自宅では「ひたすらごろごろ」を実践してきました。匂いにとても敏感になってしまったので、料理から食器洗いまでほとんど夫にやってもらってますあせあせ(飛び散る汗)帰りは遅いのに文句ひとつ言わずやってくれるので、本当に助かります。料理はできない夫でしたが、先日彼のPCを覗き込んだらどこで見つけたんだかお気に入りに"cookpad"が登録されていて、ちょっとホロリとしてしまいました。

そんなわけで勉強もほとんどしていません。電車の中と昼休みくらいです。幸い仕事で英語は使うので、英語に触れない日はないのですが・・・。しかしオンラインレッスンも取ってないので、PCを立ち上げるのも数日に一回くらいになってしまっています。

電車の中で勉強と言っても洋書を読んでいるだけで、今は図書館で借りたダニエル・スティールの"The Klone and I"(250ページ)というラブコメを読んでいて、明日には読み終わりそうです。ダニエル・スティールは二冊目で、数年前に"accident"という小説を読みました。"The klone and I"の内容は、40代の離婚経験あり子持ち女性が、パリでハンサムでリッチで申し分なく素敵な男性に出会いますが、彼のクローンが登場で思わぬ三角関係が、という話です。気楽に楽しめて、気分転換に良いです。大人向けの本なのに、英語も簡単で辞書がほとんどいらないくらいで、トワイライトよりずーっと楽でした。ダニエル・スティールとシドニー・シェルダンは洋書を読み始めたばかりの人にも読みやすいありがたい作家だと思います。

9月は勉強は一旦お休みする、と決めた直後は自分で決めたことなのに不安になってしまい、今までの勉強方法を記録した日記をつけてすぐに復帰できるようにしたり、リンクのお友達のブログを読んで、こんなに勉強しているんだ、と一人焦ってしまったりしていました。しかし一週間もすると、勉強をしない日々にすっかり慣れてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)今、皆さんのブログを読んでいると、あらためて皆さん本当に勤勉だな、と感心してしまいます。もとから勤勉な人がDMEをやっているのか、それともDMEを進めるには勤勉にならざるを得ないのか、どちらなのでしょうか。皆さんさらりと記録されていますが、このスピードで多読してDMEレッスンを受けたり、レッスン以外にもフリートークやら、単語の勉強などしていて、でも本業は学生じゃなくて会社員だったり主婦だったり別にあったりするのですものね。すごいです。私も皆さんを見習って、11月からこの遅れた分を取り返せるように頑張りたいです。


posted by Haru at 19:36| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。