2011年10月17日

Memories of Midnight

Memories of midnight (Sidney Sheldon)明け方の夢 シドニーシェルダン(404ページ)Memories of Midnight [マスマーケット] / Sidney Sheldon (著); Grand Central Publishing (刊)
内容(「BOOK」データベースより)
無実のアメリカ青年ラリーは悔し涙を流しながら刑場の露と消えた。成金男デミリスの高笑いが今日も聞こえる。この世に神はいないのか?ヘビのようなマフィアと、鬼のようなデミリスの、命を懸けた知恵比べ。殺しても足りない憎悪の夫婦。お互いに相手のスキを窺う義兄弟の死闘。敵の手中にありながら疑がうことを知らないヒロイン。ロンドンとアテネを股に掛けて運命の男女が追いつ追われつのドラマを展開する。神に一番近づけるのは誰か?


necoさんおすすめの"memories of midnight"が図書館にあったので昨日借り、さっそく読み始めたら面白すぎて止められず、英語も読みやすいので結局二日で読み終えてしまいました。この本の前編の"the other side of midnight"は数年前に読んだので内容はあまり覚えていない状態だったので、読み始める前は話についていけるかちょっと不安でしたが、前編の重要な箇所についてはところどころ触れてあり、思い出しながら読み進められました。

舞台は香港の九龍から始まりアテネ、ロンドン etc. を駆け巡り、最後の方には新婚旅行で行ったベネチアも出てきて嬉しかったです。necoさんの言うとおり、舞台の説明が詳細で旅行に行った気にさせてくれる本です。主要な女性の登場人物が三人出てきますが、共通点は並外れて美しく、聡明ですが、男性を見る目がないばかりに破滅に向かっていくところです。

ラストですが個人的には法廷シーンが好きなので、最後も法廷ですべてを暴き出す、というのがよかったかな〜。でも最後までハラハラドキドキ一気に読めました。活字中毒の私にとっては、眠いのに面白すぎて読むのを止められない本がある夜ほど嬉しい夜はないでするんるん

久しぶりにシェルダンを読んで、やっぱりシドニーシェルダンは最高のエンターテイメント作家だと再認識しました。読んだ後に何も残らない小説と批判されているのをたまに見ますが(確かにそうですけど)、読んでいる時にこれだけ楽しませてくれたらいいじゃん、と思います。本人もそれを目指していただろうし。ただ、本当にご都合主義なので、あまり深く考えすぎないで楽しむのがいいと思います(なぜ抜け目のない性格なはずのデミリスがキャサリンをそんな理由でそんな風にそこまで生かしておくの?等考えたらきりがありません)。



posted by Haru at 00:25| Comment(4) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。