2011年12月20日

The kick game

My baby has been very active recently. I often feel her kicking, or changing position. I always try to pat the area she’s kicked, saying “Kick!”, so that she can kick the same area again (they call it the Kick Game). She’s getting good at it, although she misses sometimes. I like this game so much because I can feel a special bond between us while playing, as well as the signs of her life.

My husband is eager to join this game whenever he notices we are playing. He usually comes up to us and says “Let me do it! It’s my turn!” excitedly. The funny point is that, then, all of a sudden, she always stops kicking! Unfortunately for him, he has never been able to play it with her so far.

It seems that she especially likes to kick when it is quiet and I become relaxed, usually when I’m in bed going to sleep at night or taking a lunchtime nap at work. I don’t want to ignore her, as I’m sure she is bored in there alone. Naturally, as a result she often disturbs me by starting the game when I’m just falling asleep. That’s one of the reasons I am sleepless these days.
posted by Haru at 22:29| Comment(0) | Journals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

The apple of my eye

I have a nephew, Ken, who has just turned four years old. He has been the apple of my eye ever since he was born. I always love his company because he is so adorable and funny. What he does or says always amuses me. He is fond of me, too. When his mother (my sister) asks him, “Who do you want to get married to?” he always answers “Haru-chan” shyly. During my wedding party one year ago, he held my hand all the time, so some guests thought I had already had a kid!

Ken is quite talkative and likes to tell me his secrets from time to time. A year ago,when he was three years old, his secrets often came out of his imagination. For example, he would tell me about the ghost in his house who was always tickling him and made him laugh. One day he said to me, “It is just between you and me, but I go to work while mom and dad are asleep.” Pretended to be surprised,“You do? Do you have any coworker?”I said.“Yes, she is three months old”, he answered proudly. With these stories, I was often amused by how he was blessed with a vivid imagination and he wanted to share it with me.

Now that he has turned four, he seems to have realized the difference between the imaginary and real worlds. Last time I talked to him, he said to me “I don’t know if I want to go to elementary school when I grow up.” I asked why in surprise, because I knew he had always looked forward to it. He answered sheepishly “Because I heard what they are studying there is difficult”. “You can do it! It’s a very fun place and you’ll do great. I want to go there again”, I answered, thinking it was the sign of growing up. He now worries about the thing in the real world! Then he looked up at me and said “Then can you be smaller again, and we can go there together.” Well, it seems that he now lives between the real world and imaginary world.
posted by Haru at 14:23| Comment(3) | Journals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

DME advanced 3コマ目とフリートーク

ちゃんと記録をつけていないのですがレッスンは平日夜にほぼ毎日受けており、今日はDME advancedとフリートークレッスンを受けました。advancedは、やっぱりstandardと比較するとかなり上級ですねあせあせ(飛び散る汗)standardでは日常でよく使う単語がキーワードとして出てきたのに対し、advanceはアカデミック、もしくはビジネスの場などで使われるようなフォーマルな単語も多く取り上げられています。日常会話をしっかりさせたい私は、まずDME standardをしっかりマスターする方が先決かもと思いました。フリートークをメインに、advancedは瞬発力を鍛えるためにぼちぼち(週一くらい?)受けていこうと今のところ考えてます。

話は変わりますが、先生が生徒に六歳の子もいるよ、と言っていました。そんなに小さなころから英語に親しめるなんて羨ましい限りです。やっぱり小さい頃から勉強していた方が英語になじみやすくなるでしょうねぴかぴか(新しい)

しかし自分を良くも悪くも分かってきた年代で勉強をする利点もあると思います。その一つとしては、自分に向いている勉強方法を選択でき、ある程度計画的に進められることでしょうか。ひとくちに英語の勉強方法と言っても、シャドーイング、多読、音読、ライティングなどといろいろあり、本などでいくら他人が「この方法でTOEICの点数が急上昇した」と主張していても、それはその人に最適な方法ではあって自分に合うとは限らないということが勉強をしているうちにやっと分かりました。普段本をあまり読まない人が英語で多読を試みてもしんどいでしょうし、私みたいに根気のない人間が毎日ひたすらシャドーイングや丸暗記をすると決めても絶対続きません。

若い時は他人の成功談に流されて、「だったら私もこの方法でイケるはず」と思って色んな方法を試していましたが、途中で挫折することばかりでした。今は英語の勉強方法は続けたらどれも同じくらい効果があり、向いていて続けられると思う勉強方法が一番良いと考えるようになったので、安易に色々な教材に手を出さなくなったのは良かったなと思います。

結局英語力は触れた時間に比例するとの事なので、手を変え品を変え勉強方法を変え、時には自分をだましだまし英語の勉強を楽しみながら長く続けていくのが一番重要だなと思う今日この頃です。

posted by Haru at 19:45| Comment(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

フリートーク:現時点

今日から師走ですね。 最近一年があっという間です。

昨日はフリートークのレッスンを受講しました。なんというか自分で体験したシンプルな事実を2、3文くらいでなら言えるようになっているのですが(例:先週末は頭痛がひどくてずっと寝てなくちゃいけなかった。やりたいことあったのに一日を無駄にした気分、程度)、例えばニュースや人から聞いた話題などをきちんと伝えてその感想を述べるような文(5文以上)になると途端にしどろもどろになります。それでも果敢にも(?)挑戦していますが、自分でも途中で何言っているんだろ・・・とか思いながら必死で話しています。先生方は優しいのでちゃんと聞いてくれますがほんとに理解しているかは不明です。はやく色々話せるようになりたい、とレッスンの後に次回この話題がでたらこう説明しよう、と言えなかった話題はレッスン後にノートにまとめています。


それから自分でも意外なのですが、英文日記は9月に始めてから週4-5日くらいで続いています。日記というか主に妊娠の記録なので、将来子供に手渡せたらいいなというモチベーションで続いているようです。分からない言い回しなどは先生にまとめて聞いたり、海外の掲示板などで調べながらぼちぼち書いています。

posted by Haru at 22:02| Comment(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。