2010年02月13日

DMEの効果的な学習の進め方

先日、DMEの効果的な予習&復習の仕方を知りたくてイングリッシュベルの事務局の方に質問したところ、以下の様な返答が来ました。

予習について
新しいLESSONの予習をテキスト及びCDを使用して授業の前に行うべき?それとも予習せずにぶっつけ本番で授業を受けるべき?

→予習は特に推奨されていないが、時間があれば授業の前にCDを聞き流す程度の予習した方がいい。予習をしないと授業についていくのが難しい際は予習を薦める。

復習について
DMEのテキストの答えを暗記しないようにとベルのHPに記載があるが、終了したレッスンの復習は行わない方がいい?

→DMEメソッドでは復習を推奨している。授業の前に答えを暗記する必要はないが、既に終わった部分については、何度かテキストを読んだり、すでに終了したレッスン箇所のCDを何度も聞くべき。
ただ、復習する時間がなくてもDMEメソッドそのものが復習(リピート)をシステム化したものとなっており、一度でてきた構文や単語はあとのステージでも何度もリピートして出てくるので、心配しなくても大丈夫。

ということでしたひらめき予習はしないで、復習に力を注ごうとおもいますグッド(上向き矢印)


posted by Haru at 21:24| 群馬 🌁| Comment(0) | DME (Stage1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。