2010年06月07日

DME Stage6 2コマ目

二日ぶりのDMEレッスンです。今まで、基本的に一日2コマのレッスンを受けてきましたが、集中力が続かなくなってきたのでしばらく一日1コマのペースで行きたいと思います。

今日は、Lesson80の最後まで進みましたペンLesson80では、"care for"と"care about"という二つの熟語が出てきたので、違いは何かと尋ねた所、care forは、careするという動作(action)を意味し、care aboutは、careするという態度や気持ち(attitude and feeling)を表すということでしたひらめき

土日は基本的に英語の勉強はあまりしないことにしているのですが、音読をいくつかしたので、記録をまとめてみます。昨日、英検1級の単語集をぱらぱらめくっていたのですが、私の読んでいる幼児用の絵本によく出てくる単語(plunge into, seam, crumb etc)が何個も1級の単語集に登場しているのには驚きましたexclamation絵本侮るなかれと思ったと同時に、この勉強方は間違ってないと確信した瞬間でしたるんるん今回読んだ絵本の中では、the rainbow fishが一番良かったかな?魚のうろこは"scales"というらしいですひらめき

<音読し終えた本>6/7
絵本
- Claude and pepper--23ページ
- Goodyear the city cat--20ページ
- Mr. Jordan in the Park--18ページ
- Olivia forms a band--27ページ
- The rainbow fish--12ページ

■これまでの合計
冊数:11.5冊
頁数:521ページ



posted by Haru at 13:20| 東京 ☀| Comment(4) | DME (Stage6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ステージ5終了おめでとうございます! ステージ5で燃え尽きたってっていう気持ち、すごくわかります。私も燃え尽きて、無くなりそうでしたから....。
音読とは声に出して大きな声で発音するっていうことなんでしょうか。読み方がわからなかったりしたら、どうするのですか? 以前、多読に興味があってはじめようかなと思ったことがあったのですが、始めずじまいなんです。多読は辞書を引かずに、とにかくどんどん読み進めるそうですが、haruさんのしてる音読というのは、どんな感じですか。
Posted by appy at 2010年06月08日 13:53
Appyさんこんにちは!Stage5は燃え尽きて、今リハビリ状態で一コマずつDMEレッスン受けてるわたしです。

多読は以前コメント欄で教えていただいてからずっと興味があったのです(読書が大好きなので)。ただ、多読はいま最も強化したいスピーキングには直接的な効果がないような気がしていたので、スピーキングがある程度上達してから始めようと思っていました。その後、松崎悠希さんが行っていらっしゃる「音読で多読」を読んで「これだ!」って思ったんです。(音読は、おっしゃるとおり「声に出して大きな声で英語の文章を朗読する」ことで良いと思います。)

上記の二つを私なりにアレンジして今は音読多読を行っています。試行錯誤中ですが・・・。

絵本は絵がふんだんに使用されていて、視覚にダイレクトに訴えてくるので単語が簡単に覚えられます。上の記事でも述べましたが、幼児向け(三歳くらい向け)でも英検一級頻出単語ががんがん使われていますし。

本来多読は、分からない単語は推測もしくは飛ばして読み進むというものらしいですが、わたしの場合、スピーキングUPが目的なので全ての単語の意味と発音を正確に記憶したいので、以下二つを守って行っています。かといって全ての単語を調べるのはおっくうなので、分からない単語が一ページに二つ以下のものから読んでいるので、おのずと幼児向けから読み進んでます。DME方式でだんだん難しい本に進めれば良いかな〜と。

1.全ての不明な英単語の発音を正確に発音する。発音がわからなかったら、電子辞書の発音機能もしくは、http://dictionary.reference.com/の音声もしくは発音記号を確認する。

2.全ての不明な英単語の意味を正確に知る。和英辞典で調べるより、英英辞典の方が最初はめんどくさいが長い目で見ると効率は断然良いので、英英辞典を使う(和英辞典はその英単語にもっとも近い日本語を紹介しているだけであって、英単語の本当の意味ではないですしね)ちなみに私は,Collin's cobuildやOxford learner's dictionaryを使用していますが、私が教えている中学生が学校で使うように指導されているMacmillan Essential Dictionary: American English(イギリス英語もあり)http://www.mlh.co.jp/catalog/category/11016/が断然分かりやすくていつか欲しいです。それから私の経験上、紙の辞書の方が単語が覚えやすいので、紙の辞書を使ってます。

たがが絵本と侮ってましたが、役に立つ英単語と表現が満載の上、なかなかどうしてホロリとさせられて飽きません。お勧めです^^
Posted by haru at 2010年06月09日 08:38
詳しいコメントありがとうございます。

なるほど、haruさんなりにアレンジして進めておられるのですね。
私も同意見、多読がスピーキング力につながるのは、かなりの蓄積がいるし、遠回りのように感じるのです。単語が簡単に覚えれる…….というのはとても魅力的。今、私はボキャ貧であることをしみじみ感じていて、視角に助けられて覚えるっていうのはとてもグッドな方法ですね。VOAなどのトピックを読むというのがいい方法だと知ってるのですが、とても抵抗があるのです。思いっきりお勉強….って感じでしょ。

一度多読と思って、すごく簡単なペーパーバックを買いました。すぐに読み終えましたが、高い!! でもharuさんは図書館で借りているというのを読んで、なるほど、そういう手があるんだ....と感心しました。なんとなく本は買うものという発想しかなくて。

今はDMEだけアップアップ状態なのですが、もし気分転換に多読音読ができたらいいですね。今の私は英文の塊にとても抵抗があるのですが、幼児向けのなら、私でもなじめるかもです。それに、なんといっても、楽しんで英語を読むってのはとってもいいですね!! 

辞書についてですが、英英辞書を使ったことがなくて、かなりの抵抗。でも本来は英英辞書を使うべきだと、思ってます。英語に取り組んでいる方は、必ずといっていいほど、英英辞書をつかっておられるし、微妙なニュアンスは英語の表現で覚えるのが一番です。私もある程度基本の単語が頭に入ったら、使ってみたいと思います。

それと、紙かデジタルかですが、学校の先生は紙を使いなさい....と指導されているみたいですね。私もそう思います。視覚的に前後の単語が頭に入るし、いつもそのページのその場所に、自分が引いたアンダーラインなんかがあるので、絶対紙のほうがいいと思います。それが、私は最近、電車のなかで辞書を引きたくてiphoneを使って以来、紙に戻れなくなってます。すごく手軽ですが、良くないですね〜。

色々と教えていただいてありがとうございました。今後の参考にします!!
Posted by at 2010年06月09日 11:44
appyさん、

確かに他の人が良い、って薦めている勉強方でも自分に合うとは限らないのだから、色々アレンジして自分に一番合う方法で英語の勉強を継続していきたいですよね。無理して背伸びした勉強しても、途中で止めたら意味ないし。英語の勉強より英語の勉強を継続する方が難しい、ってどなたかが言ってましたがそのとおりだと思います!
iphoneが向いているんだったら、iphoneの方が便利でいいと思います。私はアナログ人間なので、PC画面にくらくらしてしまうのですよ〜

>VOAなどのトピックを読むというのがいい方法だと知ってるのですが、とても抵抗があるのです。
分かります。私はラジオ英語がとってもいい方法というのが分かっているのですけど、勉強って言う感じで自分に向いてない気がして始めてません。

Posted by haru at 2010年06月11日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。