2010年07月21日

DME Stage6 51-52コマ目

今日は用事があり半休を取ったので、DME レッスンを2コマ受けることができ、レッスン97の途中まで進みましたるんるんあと2ページでステージ6が終わりますパンチ早くデイタイムチケットを使い切って、平日の夜か朝に受講したいですー(長音記号1)

最初の1コマはダニエル先生で受講しました。私的にダニエル先生がベルの先生で最も話しやすいので、いつもリラックスしながら楽しんでレッスンを受けることができます。ダニエル先生は一見マイペースですが、授業は熱心というバランス加減が絶妙だと思います。話題も豊富で話していて楽しいですし、何よりも非常に真摯な姿勢で英語を教えてくれるのが生徒として本当に嬉しいです。

それから授業の進め方もやはりベテランかも・・・"how are you?"と話しかけても普通(私もそうですがあせあせ(飛び散る汗))"Fine, thank you"などと無難に挨拶を終わらせてしまいがちですが、先生の場合例えば「今日は暑くて、そんなに調子よくないかも。」などと正直に答えてくれ、会話が発展していく感じです。このテクニック?は見習いたいです。先生は、現在日本語を勉強しているとの事ですが、日本人と会話をしたくて話しかけても「はい」「いいえ」くらいのshort answerしか返してくれないので、机に向かって日本語の文法の勉強が一番好きだっていってましたあせあせ(飛び散る汗)

"Do you know English fairly well already?"という質問があったので、"No"と答えたところ、"You should answer Yes"とのことでした。どうやらfairlyの程度はそんなに高くなく、50%−60%っていうところらしいです。ダニエル先生は、somewhatと同じ程度って言ってました。

その後、新しい先生のジョリム先生の授業を受けました。いまどきの若い男の子って感じの先生でした晴れ「どういう腕時計を使ってますか?」という質問で、自分の時計について上手く説明できませんでした時計

J:What kind of watch do you have?
H:I have a solar powered watch. It is very useful. I don't have to worry about replacing batteries anymore.




posted by Haru at 19:00| 東京 ☀| Comment(2) | DME (Stage6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ダニエル先生のレッスンはステージ5で夜に頻繁にとりましたが、トークが楽しすぎてDMEが進まずコマ数激増でした。それと、カランの現地のビデオを見る限り、ダニエル先生のDMEの進め方は正統派なんだな....と思います。予習なしで受けるには絶妙なヘルプを頻繁に出す進め方でないと、沈黙の時間が長くなり、生徒はかなりストレスです。ほとんど助け舟をだしてくれない先生も多いし、不機嫌になる先生は最悪! イーメソッドではダニエル先生のレッスンがすごく安くなるので、夜連に変えようかな....とも思ったのですが、今のとこベルで朝連を継続するつもりです。
Posted by appy at 2010年07月22日 09:37
appyさん、

こんにちは!コメントありがとうございます^o^

ダニエル先生の授業、楽しいですよね。これぞプロフェッショナルって感じ。全てのレッスンをダニエル先生で受けたいけど、お金と時間が倍以上になりそうなのですね。今度カランのビデオ観てみます。

それから、たしかにやり直しが多いと不機嫌になる先生いますよね。そうすると焦ってしまい、ますます間違えてしまいやり直しのループです。それから、明らかに答えが間違えていてもノーコメントでそのまま進めちゃう先生もいて、こういう先生が一番困ってしまいます〜。
Posted by haru at 2010年07月24日 11:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。