2010年08月04日

DME Stage7 13コマ目

今日、初めての先生で予約していたのですが、授業が始まる直前にアナベルからコールがあり、今日は代理の先生ということでダニエル先生に変更となりました眼鏡(しかしアナベルは最近予約のページで見かけないけど、事務方に異動になったのでしょうかexclamation&question)久しぶりのダニエル先生でしたが、"How are you doing?"と聞いたら、"terrible"と言ってましたあせあせ(飛び散る汗)どうやら先生の家族がそろって札幌に行っている様で、先生も行きたかったとのことでした。気持ち分かります。私も北海道に今すぐ行きたいです。「今日本は暑すぎて、倒れる人が多い」と伝えたところ、"You mean, heat stroke?"と言ってました。熱中症はheat strokeと言うのですねひらめきDMEはレッスン102の途中まで進みました。

ダニエル先生とのスモールトークですが、相変わらずあまり言葉が出てこないです。会社で外国人と対面して話すと、すごく話せる気になって最近浮かれていたのであせあせ(飛び散る汗)、またDMEに真面目に取り組まないとですペン

しかしDMEを六ヶ月前に始め、同時にブログをつけ始めた頃と比べると、格段に英語を話せることになったのを仕事で英語を使うのを通じて実感しています。六ヶ月前は会社で外国人と話す時は色々話すことを前もって準備したり、頭で翻訳しながら話していました。現在ほぼ半月ぶりに仕事で英語で話していますが、英語を話す時はなんというか別の人格が乗り移った感じで口が勝手に動いています。

なので、スピーキングを休み中に上達させるという目標は一応達成したかも・・・。もちろんまだまだまだまだ学ぶことだらけですが、なにかコツのようなものをつかんだ気がします。次の目標は、英語の会議についていけるようになることですかね。仕事で使う専門知識を今英語でぼちぼち勉強しています。


posted by Haru at 23:43| 東京 ☀| Comment(2) | DME (Stage7) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、haruさん。私のお気にのアナベル先生ですが、数か月前にチーフ?になったそうなんですよ〜。前任のカルメン先生がいなくなったからだと思うのですが、責任者になったので、統括するような仕事をするようになって、夜もレッスンもったりして変則勤務になったんですって。ちなみにデニス先生とアナベル先生はいとこ同士です。それとジャニス先生とロザリー先生は2人の遠い親戚にあたるのだそうです。4人は親類ですよ。なんだか面白いですよね。

ダニエル先生の"terrible"は口癖のようですよね。なつかしい。その家族が札幌へというネタは面白そうですね。本人から聞いてみたくなりました。
Posted by appy at 2010年08月05日 11:53
appyさんこんばんは〜!ベルの先生の情報ありがとうございました!ジャニス先生とロザリー先生、いとこだったんだ。知らなかった〜
アナベル先生いいですよね。いつも明るくて、聡明で、どのレッスンも手抜きなく一生懸命でレッスンのレベル一定して高いです。(なのにやや天然なところもまた可愛い)。もうベルをやめてしまったのかな?と思っていたので、良かったです。チーフとは、ベルからの信頼も厚いのでしょうね。

ダニエル先生は、札幌事件で昨日は自分でもテンション下がっているみたいなことを言っていました。でも、授業は真剣なところがプロフェッショナルです。札幌の話、ぜひぜひ振ってみてください。でも、思い出してテンションまた下げちゃうかもしれません^^
Posted by haru at 2010年08月05日 22:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。