2010年09月02日

DME Stage7 44コマ目

今日は、誰かがキャンセルしたらしいAnne先生のレッスンをとることができました晴れステージ7になると質問をつまりながらする先生も多い中、相変わらずAnne先生はよどみなく、綺麗な発音で質問をしてくれます。なので、いつもよりかなり上手く回答できた気がしますぴかぴか(新しい)かみながら質問されると、私もスムーズに回答できることが少なくなってしまうので・・・。

今日でやっとレッスン110が終わりました。このレッスンでは"play truant"という表現が出てきました。先生に「この意味知っている?」と聞かれたので、"I looked it up in a dictionary before the lesson,and it said "play truant" means "goof around(サボる)"と答えたところ、先生もアメリカ英語のgoof aroundの方がよく使われるわよね、と言っていましたペン

授業が終わったあと、珍しくスタンバイして来週のAnne先生の授業を取ろうとしましたが、やはり「タッチの差で」取れませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

ところで、昨日"spend"の用法が分からないと書きましたが、ネットで分かりやすい説明を見つけました。この説明によると・・・・

I spent a lot of time (at the station) seeing you. -- It means you were there and was seeing her in the meantime.
→spend+time+動名詞だと、「その時間を〜することにつかった。その時間をかけて〜をした」
ということになります。上の例文だと、「(駅で)長い間あなたと会っていた」ということですね。二人は長話でも駅でしていたのでしょう。

I spent a lot of time (at the station) to see you (=reason clause). -- The reason why I was there was to meet you when you arrived at the station.
→一方、spend+time+to 不定詞だと、この不定詞は理由を表し「〜するために時間をかけた、費やした」ということを表しています。例文だと「(駅で)あなたに会うために長い間費やした」と言う意味となります。駅で「あなた」をひとりで待っていたのでしょうね。

最初の例文だと、「長い間」はあなたと会っていたことに費やされましたが、後の例文だと「長い間」はあなたを待つことに費やされていたということで、全然違う意味になりますね。

このへんの文法は、個々の動詞の理解というより「動名詞」と「不定詞」の基本的なideaをキチンとものにするのが必要なんだろうなと思いました。そちらの方が丸暗記よりも長持ちする知識になるし、何より応用が利きます。動名詞は〜ingと言う形が表すように、「今やっていること」に焦点が置かれており、to 不定詞は「未来にすること」に焦点が置かれていると以前本で読みました。そう考えると上の説明も納得がいきます。学校でも不定詞の用法を丸暗記させるだけじゃなくて、その根底に流れるideaを教えてくれたらいいのにねいす




posted by Haru at 20:36| 東京 ☀| Comment(5) | DME (Stage7) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。haruさんもがんばってますね〜。動名詞と不定詞の違いが良くわかりました。ありがとうございます。最近、やっと文法の疑問をすぐに解決する気が出てきました。TOEICはそのツールにはいいかな....と思って来年から受けて行こうと思ってます。haruさんは、たしか900over保持者と記憶していますので、私も見習って、何年もかかると思うけど、行き着きたいです! どうぞご教授ください。
Posted by appy at 2010年09月03日 13:19
Appyさんコメントありがとうございます^^
TOEIC受けるの良いですね。たしかレベルはDMEと同じくらいだった気がします。Appyさんならぐんぐん点数伸びそうです。
会話を勉強しながらTOEICの勉強を平行してやるのは理想的ですよね。私は、会話なんて一人で勉強できないと思って以前は机上の勉強を続けていました。そのせいでTOEICは点数いいけど、会話が全くできないというアンバランスな英語力を持つ人間となってしまいました(涙)なので、オンライン英会話のありがたみをひしひしと感じてます。
文法は以前も書きましたが、大西泰斗先生の本がオススメです。文法を暗記ではなくて、理解させてくれるので目からうろこがぼろぼろ落ちました。図書館にもあると思うので、見つけたらぜひ読んでみてください〜 
Posted by haru at 2010年09月03日 21:11
ブログのイメージを変えたのですね。秋っぽくって良さげです。(^^)
レベルがDMEと同じ? なんだか目の前が明るくなったような気がします。 haruさん960点なんですね。スゴイとしか言いようがありません。逆にいったい何を間違えたのか聞きたくなります。すでに完璧な知識をお持ちだと思うのに、まだまだ探究心がおありなのですね。きっと、そういう姿勢がすごい点数を導くのでしょうね。英検準一級も考えてるのですが、まずはTOEICと思っています。こんな近く?に先生がいるなんて、私はとてもラッキーです。おすすめの大西泰斗先生の本をチェックしてみます。ほんと無知なので、ありがたいです。 
Posted by appy at 2010年09月04日 17:30
何度も書き込みエラーになりまして...2度アップしてしまいました。1つは削除してくださいね....
_(_^_)_
Posted by appy at 2010年09月04日 17:36
appyさん、こんばんは♪まだまだ暑いので、ブログだけでも秋っぽくしてみました。
TOEICのレベルは、平均的にはDMEと同じ位だと思います。もちろん、単語や熟語をある程度暗記する必要もあると思いますが・・・。長文も量は多いけど、一般常識を働かせればいけるものも多いので大丈夫だと思います。何度か受ければ確実に点数は上がります。私は文法等知識は危ういものなのですが、英語を読むことに慣れていたので、点数が取れたのだと思います。TOEICは受動的なテストですから。speakingとwritingが主体のテストだったら点数はガクンと落ちる自信があります^^;

でも文法が理解できるようになると、新しい事が吸収しやすくなりますよね。私も、文法を改めて勉強しなおしていますが、文法の必要性を再認識しています。

ところで、seesaaってコメント欄にエラーがでやすいんですよね。お手数かけてしまってごめんなさい。これに懲りず、ぜひぜひまたメッセージください。
Posted by haru at 2010年09月05日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。