2010年10月30日

DME Stage 21−22コマ目

今日は土曜日グッド(上向き矢印)ジュリアス先生で2コマ受講して、レッスン124〜126まで進みました。久しぶりに早いスピードでレッスンを進める先生を受講しました。私の場合、こんなスピードで進むと不安になることが多いのですが、ジュリアス先生のレッスンは非常にテンポが良くて(さすがニュースキャスターのインターン経験あり)、かつ指摘すべき事は指摘してくれるので安心して受講できます。とても自信に溢れる(もちろんいい意味で)先生で、頭がとてもよさそう。そして21歳か・・・、若いです。

ステージ8、色々学ぶべきことが多く、今日みたいな雨降りの日にテキストを使用して全体を復習してみたいと思います。

ところで、以前にも書いたのですが、毎日DMEのテキストで出てきたフレーズや単語を「今日の単語」として、食器を洗ったり、駅から家まで歩いているときにつぶやいていると書いたのですが、昨日のフレーズは"in the suburbs(郊外に)"でした。なぜsuburbは複数形で使われることが多いのか調べたところ、以下のようなことでした。なるほど・・・(教えてgooから引用です)

「suburb は可算名詞です。ひとつひとつ独立したエリアとして数えられるということ。つまり a suburb は「中心部を外れたところに存在する沢山の住宅地のうちの、とあるひとつ」です。それらの住宅地全部をひとくくりにして、中心部に対する”郊外”を表すのが、the suburbs

I live in the suburbs of Nagoya. 私は、名古屋の(中心部ではなく)郊外に住んでいます。
I live in a suburb of Nagoya. 私は名古屋のはずれの”とある住宅地”に住んでいます。」

なるほどひらめき東京だったら、府中市、あきるの市、青梅市、それぞれがa suburbで、それら全体の市や町をまとめて漠然と指すのが suburbsということなのですね。「(東京の)とある市」ということを少し強調したければ、I live in a suburb of Tokyoで、漠然と東京郊外というには、I live in the suburbs of Tokyoというのですね。この辺の冠詞に関するニュアンスをすぐにとらえられるようになりたいです。

今日の"word of the day"は"one of my friends(友達)"に決めました。my friendだと一人しか友達がいないというニュアンスみたいです。


posted by Haru at 12:15| 東京 ☔| Comment(4) | DME (Stage8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
DMEを始めようか迷っていてこちらに辿り着きました。

イングリッシュベルさんのHPで教材の中身やレッスンの様子も見ることができますが、実際にやっている方のお話は参考になります。

実は小学3年生の娘にどうかと思って検討しています。
今は英語教室に週1で通って、家で中学生のドリルをやりながら英検を受けて(10月に4級受けました)、でも発話が難しいのでウェブレッスンで探しているところです。

HARUさんも書いていらっしゃいますが、フリートークってなかなか英語力があっても難しい(?)でしょうし、発展途上中の子にははたしてどうなのか・・、英語に触れる目的なら良いのでしょうが、体系的に学んでいった方がいいんじゃないか・・、またテキストのレッスンも子供用だといろいろあってどうしたらいか・・とグルグル考えているところにDMEのことを知り検討しています。

いきなりこんなことお尋ねするのは何ですが、正直なところ小学生にDMEはどう思われますか?(11月からDME Teensという少し難易度の下がったものがスタートするのでやるならそちらです)
レッスンはスパルタ?ではないでしょうか^^;
先生方の口調は優しそうですが、結構厳しいような印象を受けておりますので・・・

実は私は英検も何も持っていなくて、簡単な文章なら読めば何となく意味がわかるという典型的な中学英語止まりの人間なので、子供と一緒に始めようかと思っています。子供にどうか?というだけでなく、私でもできるか?の心配の方が大きかったりします^^;

いきなり来て長々とすみません。
お時間ある時で構いませんので教えて頂けると嬉しいです。
Posted by blue at 2010年11月01日 10:51
blueさん、コメントありがとうございます。すごい、お子さん優秀ですね!親子で一緒に英会話、とても楽しそうですね♪憧れます。

私は子供がいないので、「自分にもし小学生の子供がいたらDMEはどうかな?」という視点で考えてみました。

確かにDMEは私の様に発話が苦手な人間にはすごく役に立つメソッドで大人には本当にオススメしたいのですが、かなーり単調で小学生にはつまらないかもしれません。イングリッシュベルの先生はみなプロフェッショナルなので、優しく丁寧に教えてくれると思いますが、メソッド自体は正直スパルタだと思います。文法や単語など細かい説明なくバンバン出てきて、最低でも中学校上級くらいの文法の知識が必要だと思います。Teensも先ほど見た限り、あまり難易度が低くなっていないような気がします。なので、個人的には小学生にはあまりDMEはオススメはしないです。すみません><

ただ、ステージ1−12まであり、ステージ1と2でしたら、難易度的にそんなに難しくないのでその二つのステージを繰り返しやればかなり力はつくとは思います。

blueさんだったら、DMEは問題なく始められると思いますよ〜^^一緒に始めて教えてあげるのもいいかもですね。

余談ですが、以前DMEを始める前に別のオンラインスクールでフリートークを取っていました。そこの先生は子供向けに"side by side"という教材を使っていて、なかなかよさそうな印象を受けました。それからオンラインスクールをお子さん用に選ぶなら、先生側もwebカメラを持っている学校にしたほうが良いです。

以上は私の意見なので、まずベルで無料体験レッスンを受講されたらいいと思います。それから、ベルにメールで問い合わせるのも良いと思います。親切に色々教えてくれます。

あまり役に立つ答えでなくてすみません。もしまた何かありましたら私で良ければお答えしますので、ご連絡ください^^




Posted by haru at 2010年11月01日 21:00
突然の質問にも関わらず丁寧に教えて下さってありがとうございます。

実は今朝、注文していたウェブカメラ類が届いたため、早速イングリッシュ・ベルさんで2回の無料体験をしました(早すぎ?)

午前中に1回目のレベルテスト、2回目はつい先ほどDME Teenの体験レッスンをやったところです。

・・・脇に変な汗をいっぱいかきました(汗)

HPのレッスン風景の動画を見ていたので何とかなりましたが、正直私でも「無理〜〜」と思いかけました(情けないですが・・)


でもharuさんも日記に書かれているように、最初は全然言えなかったのが、後で振り返るとできるようになってる・・・のでしょうか。今は終わったばかりで疲労感と無力感です(汗)

子供は意外とゲーム性があって、逆にくらいついていけるかもしれません。ベルさんには「子供のレッスンでフリートークやカリキュラム等で迷っている」という問い合わせをしましたら、お返事には「日常英会話やフリートークのクラスでは、既に自分のもっている知識を使っての会話しかできないが、DMEでは自分の普段使わないセンテンスやボキャブラリーも強制的に使用させられ、知らぬ間にそのような言い回しも自分のものとしてゆくことができる」とあって、子供ならちょうどTeensが始まりますよ、と教えて頂きました。最年少は6歳の子が受講しているそうです。

子供は大人とは違う感覚のようなので、単語の書き取りもしないのにどうやって英語を覚えていくのか想像しかできないのですが、とりあえず娘にも無料体験レッスンを受けさせてみようと思います。

確かにレベル1-2あたりはできたらいいんだろうなぁと感じました。この分のテキストをまず購入して娘と始めてみて、無理になってきたら私だけ続けても(私こそ続くか不安ですが)いいわけですし、ベルさんは先生も多くて良さそうなのと、初等教育を学んだ先生もいるのでその辺もひかれています。

今はウェブレッスンがたくさんあって、子供専用もあるので余計に迷いますが、本日スカイプデビューも何とかできたので、後は体験しながら考えてみたいと思いいます。
ご親切にありがとうございました。

・・・でもDME、やっていったら本当に力はつきそうですね。魅力的です。
Posted by blue at 2010年11月02日 15:46
blueさん、こんにちは!

体験レッスン、お疲れ様でした。初回は本当に疲れますよね。でも大丈夫、だんだん慣れていきます。そして、話せるようになっていくと思います。復習が鍵です。私もまだまだなレベルでレッスンが終わるたびに凹むのですが、たまに外国人と話すとびっくりするくらい話せる時があるのでおそるべしDMEと思うときがあります。

復習が重要なのですが、親子で受けてどちらかがテキストを読んで、もう一方が答えるっていう練習も出来そうだし、良いかもしれないですね。楽しそう☆

ところでもうご存知かも知れませんが、イーメソッドというイングリッシュベルが運営しているのですが、受講料が抑え目の学校もあります。先生は同じなのですが、予約を入れられるタイミングがベルとは異なるようで、だから受講料が安いみたいです。参考までに・・・http://english-method.com/ja/index.html

それにしても6歳とは!びっくりしました。
Posted by haru at 2010年11月02日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。