2010年11月20日

DME Stage8 50-51コマ目

今日は午前中に2コマ受講でするんるんやっとステージ8のレッスンが一通り終わりましたダッシュ(走り出すさま)ステージ7は色々忙しい中受けていたので、長く苦しかったのですが、レッスン8に入ったらオウム返し(というかリテンション?)が出来るようになってきたので、次はどの新出単語を学べるのだろう?と楽しみながら授業を進めることができましたハートたち(複数ハート)会話力もかなりUPしたのが実感できるのでしばらくこの調子が続くといいなあとは思ってます(またすぐにつまずく日が来るのはこの数年の英語学習から分かっているので)。こんなことを書いていますが、まだレッスン8の試験と総復習が残っているので、気を引き締めていかないとです。明日ステージ8の試験を受講予定ですが、ステージ8の文法に自信がないので、今から少し勉強しようかな。

ステージ8レッスン129で、新出単語としてplumber[pluhm-er](配管工)という単語が出てきます。"b"は発音しないのですが、テキストを見ながら音読するとスペリングに引っ張られてしまい、プラマーをプランバーと言ってしまいますあせあせ(飛び散る汗)配管する、という動詞は"plumb"もあるそうですが、DMEテキストでは熟語で"lay a pipe"となってますひらめき様々な意味を持つ単語"lay(基本の意味は「横たえる」)には、「敷設する」という意味があるためです。
ちなみに、DMEの例文は"Builders have to be very careful when they lay a gas pipe below the surface of a road because gas may explode if the pipe gets broken."です。

今日の英語
"He might have had an accident"
彼は事故にあったのかも知れない。



posted by Haru at 14:27| 東京 ☀| Comment(2) | DME (Stage8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
haruさん、最近実力アップを実感されててすばらしいです。ステージ8を予習なして楽しんで進んでいけるなんて、すごいと思います。
そうそう、オウム返しのことをリテンションと言うのですね。文章をそっくりそのままリピートする....ということですね。思えば、難易度の高いスキルに挑戦してるんだな〜と、ふと思いました。
Posted by appy at 2010年11月22日 14:49
appyさん、こんばんは〜 メッセージありがとうございます。

実力アップと思ったのは一日だけで、今日レッスン8の総復習を受けたのですが、殆ど忘れていました。あんなに勉強したのに〜 とがっくりしてしまいました。まあ忘れたらまた覚えるしかないですね、しょうがないです。

リテンションとは一度聞いたことを記憶する「情報保持力」のことらしいです。通訳の人とか長い文を記憶しておく力をつけるのは最重要らしく、訓練するらしいです。ほんと、難易度高いですよね。でも頑張りましょうね〜^^
Posted by haru at 2010年11月22日 20:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。