2011年04月19日

勉強方法の見直し

先週、19世紀の偉人、ハインリッヒ・シュリーマンに関する本を読んでいたのですが、18ヵ国語をマスターした彼の勉強法から色々学ぶことがありました。彼の語学勉強方法とは、

「非常に多く音読すること、決して翻訳しないこと、毎日一時間をあてること、つねに興味ある対象について作文を書くこと、これを教師の指導によって訂正すること、前日直されたものを暗記して、つぎの時間に暗誦すること」です。

こんな大天才の勉強方法の真似をしようとは思いませんが、音読はあらためて効果的な方法なのだな、と思いました。興味深かったのは、シュリーマンは音読をする際、非常に大きな声で何時間も音読をしたため隣人の迷惑になり、ロシア語を勉強している間に住居を二度も変えなくてはならなかったそうです。本の作者は、シュリーマンが音読をそんなに大きな声で行っていた理由を「集中するため」と考察しています。たしかに、大きな声で音読すると集中できるなあ〜と思い、このアイデアを一人DMEの時にいただくことにしました。もちろん家で行うときに限りますが。

それから「つねに興味ある対象について作文を書くこと、これを教師の指導によって訂正すること、前日直されたものを暗記して、つぎの時間に暗誦すること」もよい方法だな、と思いました。文章の暗記は効果的といいますが、自分にあまり関係のなかったり興味のないものを暗記するほど退屈なことはないと思います。自分で英文で興味のあることを書いて、添削してもらってそれを暗記した方が効果的だし、楽しいかもと思いました。会話する時も、自分の興味のあるものについて話すことが圧倒的に多いでしょうし。とりあえずオンラインの添削スクールのトライアルを受けてみて、この方法をどうにか応用できないかな、と考えてみます。以前「英語便」の添削を受けて、非常に良かったのですが、料金が高くてあせあせ(飛び散る汗)他のところはないかなと思ってます。

なんて、まだまだ先ですが、最近DMEが終わったら何をしようかな〜と考えてしまいます。事務局に問い合わせたところ、DMEのbusinessとadvancedが準備中だそうで、こちらもどんなものか興味があります。ふたつともDMEを終えた人が対象らしいので、いずれにしろDMEを終わらせるのが先決ですね。事務局の方曰く、まだDMEを終えた人はいないのですが、カランを終えた方は数名(!)いらっしゃるとのことです。カランってDMEより難しいと聞いていますが、みなさん頑張ってらっしゃいますね。私も後に続けるよう頑張ろうって思いました。しかしカランを終わらせた方のお話、聞いてみたいです耳


posted by Haru at 20:17| 東京 ☀| Comment(6) | 英語について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

シュリーマンの日本への旅行記を読んだことがあります。
学びたい言語で書かれた本一冊すべてを暗唱できるようになるまで音読するということを、色々な言語で実践していたように記憶しています。
音読するのを聞いてくれる人を雇ったりしていたことから、かなり重視していたことがうかがえます。
すごい人だと思いますし、やる気も出ますが、ちょっと真似はできません。

>「つねに興味ある対象について作文を書くこと・・・」
以前、ロシア語を習っていた時にまさにこれをやっていました。バイオグラフィーに始まり、最近行ったコンサートのレビューを書く、季節の料理の作り方を説明する・・・など、毎週お題が出て、授業中に添削してもらい、次の週には覚えてくるということをくりかえしていました。
しかし、期間が短かったことと、真剣さが足りなかったことにより、全くモノになっていないので、「おすすめです!」と言えないところがつらいです。
Posted by piro at 2011年04月19日 23:26
大きな声で音読は、週に一度ぐらい実践しています。声が枯れるので長時間はできないのが難点。次の日口がよく回るような気がします。偉人と同じ効果があるとは思えませんが、やり方としては効果的なのですね!
作文って、やはりすごく効果があるのですね。ジェイ先生に毎週宿題メールを送っているのですが、英辞郎の例文そのままコピペなんてしてて、だめです。以前、カランの先輩方が使ってた、こちらのスクールはどうでしょうか。(URLを入力したら、書き込みエラーになるので、eTOC と入力してググってください。)
久しぶりに行ったら、リニューアルされてたのでびっくりしました。たしか、ライティング指導専門の先生がいらしたと思います。
私もライティング興味あります!!
Posted by appy at 2011年04月20日 11:30
piroさん、

シュリーマンの日本への旅行記、読まれたのですね!私も近いうちぜひ読みたいと思っています。そうそう、彼は勉強している言語の本を丸々暗記してしまうらしいですね。人並み外れた記憶力と集中力の持ち主だったのでしょうね。凄すぎてもはや羨ましいとすら感じません。

しかし遺跡発掘エピソードなどから、シュリーマンは典型的なドイツ人っぽいがっしりとした豪傑なルックスを想像していたのですが、wikipediaで写真を見たらこじんまりとした人でなんだかがっかりしました。

ロシア語のライティングのお題、すごくハイレベルですね!でも、表現力もついてすごく勉強になりそうです。私もそういう授業をぜひ受けてみたいです。
Posted by haru at 2011年04月20日 19:39
appyさん、

声が枯れるまで音読、ってすごいです!次の日口がよく回るというのは魅力的です。私も音読か一人DMEでもできるだけ大きな声で練習するようにしてみます。大きな声で音読することによって、集中できるのが良い点らしく、一理あると思います。

eTOC、とってもよさそうです!ありがとうございます!HPよーく読んでみます。リンクの件、わざわざ入力してもらったのに、すみません・・・。リンクがたくさんついている変なスパムコメントがよく来るのでやむを得ず、リンクをエラーに設定してしまいました。何個かトライアル受けようと思っているので、受けたらブログで報告させてください。ライティングは書く勉強はもちろん、スピーキングにもとても効果あるかな、と考えてます。しかしVOAコースってライティングの宿題まであるのですね!知りませんでした。ものすごく大変そうですが、力も付きそうです。
Posted by haru at 2011年04月20日 20:27
haruさん
久しぶりに遊びに来させていただいたら、すっかり春景色に変わっていてビックリ!でも、とっても素敵ですね。
seesaaは画像などがあっても重くなくてサクサクなのもいいなぁと思います。
私の方は最近、ひたすら復習ですが、先生から勧められたのでWritingも始めました。普通にフリートークで。特に宿題はないですが、昼間の時間帯に出来るとき、週1-2回書いたのをみて頂いています。文の構成などは勉強出来ないので、あくまでもあやふやな文法知識を定着させる為、という感じですけれど(・.・;)
Posted by Hannah at 2011年04月21日 14:09
Hannahさん、こんにちは〜!コメント嬉しいです(*^^*)
私、Hannahさんのブログの壁紙かわいくて大好きですよ。桜は残念ながらもう散ってしまったので、せめてブログだけでもと思って4月末まで桜の壁紙で行こうと思ってます。seesaaは、カウンタ―がないのとコメントエラーが出やすいのがちょっと残念です(カウンターは、管理者は内部でちゃんとしたのが見れるのですけどね。)なので、適当なカウンタを見つけてきて自分でつけたのですが、お分かりのとおりこの数字が嘘八百でもう外そうと思っています(苦笑)

Hannahさんのwritingの記事読ませていただきました。ジャッキー先生だったら安心してお願いできますね。いいなぁ。全面的に頼れる先生がいるの、羨ましいです。また記事を楽しみにしてますね。
Posted by haru at 2011年04月21日 19:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。