2011年07月08日

DME Stage 12 20-21コマ目

水曜日にレース先生、今日はデニス先生で受講しました。最近朝の予約がとりにくく、木曜日はうっかり予約入れていなかったので前日夜ギリギリまでキャンセルを待ってみたのですが、先生の空きがなくお休みしました。そういうときは夜受講すればいいのでしょうが、朝に受けていると夜受けるのがどうも億劫になってしまいますあせあせ(飛び散る汗)

さて、久しぶりのデニス先生ですが、スモールトークをたくさん挟んでくれて楽しかったです。"wicker"「藤」という単語が出てきて、「藤のバスケットは日本ではたくさん使われているの?」と聞かれました。よく使われていると答えたところ何に使われているの?どこから輸入しているの?と興味があるようでした。日本の様な先進国でも藤のバスケットが使われているとは嬉しいよ、との言葉で締めくくってました。

蜘蛛の巣"web"の単語のところでは、蜘蛛が一生懸命作った家でもある巣を壊さなきゃならないとき、どうも罪の意識を感じます、と話したら、分かる〜と同意してくれました。

それから"tie the knot(結婚する)"というイディオムが出てきたのですが、先生曰くフィリピンでは25歳前に75−80パーセントの人が結婚すると言っていました。早いですね!

今はレッスン190ですが、言いなれない単語が多くてちょっと苦労してます。


posted by Haru at 05:43| 東京 ☁| Comment(0) | DME (Stage 12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。