2011年08月28日

DME Stage 12 66-67コマ目

昨日は、デル先生とサン先生で二コマ受講しました。今はレッスン196をやってます。

デル先生のレッスンでは、"What animals do you think are a real curse?"という質問が出てきたので、"I think rats are a real curse"と答えました。私は、snakesもspidersもcockroachesも、そしてreptileも大丈夫なのですが、ratsとmiceだけは死ぬほど苦手です。目撃したら失神しそうになります。そんなことを先生に伝えたら、先生はフィリピンでのrats事情を話し始めちゃいました。フィリピンには猫ほどの大きさのも多くいるようで(おぇぇ)、彼らが通った水たまりから伝染病が広まることがあるそうで、死に至ることもあるそうです。一番、気持ち悪かった話はデル先生が目撃した彼らの赤ちゃんの話ですが、私にはとても書けないので、興味のある方はデル先生に直接聞いてください・・。でも、私が大嫌いって言っているのに嬉々として話し続けるなんて先生ったら可愛い顔してS?先生が話している間、私はギャーとかNO〜とか叫んでいたようで、レッスン後、夫に何があったのか聞かれましたあせあせ(飛び散る汗)
しかしDME、ステージ7でもratsに関する気持ち悪い質問が何個か出てきてそのたびにぞっとします。それがステージ7の一人DMEが遅れがちな原因でもあります(嘘ですけど)。

その後、久しぶりのサン先生。確かに以前に比べたら言い直しの要求が上がった気がします。話好きのサン先生とのレッスンはいつも楽しいです。

ところで、今日外食するので、昨日レストランに予約の電話をしたのですが、名前を告げた時、間違えた名前で「OX様ですね」と確認された際、思わず「いえ、XX様です」と告げてしまいました。オウム返しの習慣がとうとう日本語の中にまで入り込んでしまったと確信した一瞬でした。もう一年半もやってるし、しょうがないですね。




posted by Haru at 08:10| 東京 ☁| Comment(8) | DME (Stage 12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本語でもリテンション(^^;)って思わずひとりで大笑いさせて頂きました。

最近、リテンションできる=実際にそれが身についているってことでは無いのでは?という迷いが出てきていて、うだうだと迷ってます。

諸先輩のようにきちんと予習復習の記録を残してこなかったことも後悔してます。たしかに、メモをアップすると、それは忘れにくいですね(^^;)もっと早く気がつくべきでした…

ちなみに、同じ感じの(ちょっと違うか?)無茶苦茶面白いやりとりとして…鶴瓶さんが、飛行機に乗ったとき、CAさんが「おしぼりでござる」と噛んだら、鶴瓶さん「かたじけない」って応じたとか(^o^)
で…
昨日Ayaさんが仕事で失語症の方のためにトークンエイド(文字盤や指さしで意思表示ができるもの)を作らなくてはならないということで、それまでつかっていた「どうも」(これって変でしょ?というのがAyaさんの意見だったので)代わりに「ご苦労」ってつくったら?と提案したのですけど、実現に至らなかったそうです(^^;)


Posted by Hannah at 2011年08月28日 10:57
hannahさん、こんばんは♪

日本語でもオウム返し、なんだかがっくりでした。もっとDME続けたら「いいえ、OX様ではありません。XX様です」なんて言っちゃいそうで怖いです。

>最近、リテンションできる=実際にそれが身についているってことでは無いのでは?という迷いが出てきていて、うだうだと迷ってます。

そうそう、そうなんですよね!私もステージ10の時に、オウム返しはできるようになったけど、習った単語の実際の会話での運用能力があまり付いてないことがわかり、愕然とした次第です。それがメモをつけ始めた理由なのですが、それでもまだまだ足りないことが分かりました。

試行錯誤した結果、自分の身の回りの事、もしくは先生に伝えたかったけど英語でその時伝えられなかった事を、DMEで習った単語を使って作文してみるのが、その単語の運用能力をつけるのには一番私にはよい方法だと思いました。そしてその文章を覚えて先生方とのスモールトークで無理やり使っててみるようにしてます。DMEを今日終えたので、この先は(できたら)ネイティブの先生とこの方式でいきたいなと思ってます。学校探しの際は、Hannahさんのレポ、参考にさせてください!

>CAさんが「おしぼりでござる」
(笑)。CAさん噛みすぎです〜。それから「どうも」って単純に「ありがとう」とかじゃだめなのでしょうか。
Posted by haru at 2011年08月28日 22:44
>もっとDME続けたら「いいえ、OX様ではありません。XX様です」なんて言っちゃいそうで怖いです。
またまた爆笑させて頂きました(^o^)。おうち生活だから問題ないですが、もし電車の中などで読んでいたら、かな〜り変な人でしょうね(^^;)

なによりもharuさんみたいな方でも、Stage10で同じ迷いを持たれたって、すごく心強いです。いつも暖かいフォローありがとうございますm(_ _)m
あっでも、勤勉じゃない私には、とてもとても英文を書くなんて無理です(T_T)土台、人にみせられない間違いだらけの英文になりそうですし(汗)

ホント、ご紹介したサイトは良い感じですよ♪ぜひお試し下さい。登録だけならば無料ですし、結構、初回Freeのオファーあるかも?です(まだ1人しか試していないので断言は出来ませんが)。

>「どうも」って単純に「ありがとう」とかじゃだめなのでしょうか。

実はもともとのものには、「どうも」の他に「ありがとう」もあって、そのほか、「お水ください」とかだったそうで…Ayaさんは「これって言われた方、ムッとしない?」な〜んて怒ってました…確かに!。本当は「もう少し」とか「ちょっと」とかもあれば良いよね〜と言っていたのですが、結局、膝にのせられるサイズということで、50音だけになってしまったようです。四肢麻痺+失語症の方にとって、的確な表現や曖昧な言い回しができないことって、DMEで言えない以上のストレスなのだろうなぁ…と思いました。最近、仕事に慣れてきたAyaさんから学ぶことも多いです。

Posted by Hannah at 2011年08月29日 13:10
haruさん、ついに卒業ですね! あらためて、おめでとうございます。次はネイティブの先生とトークですか! 私も試してみたいのですが、まだまだ自信がもてない上、料金が高くて私のレベルではもったいないので、当分はフィリピンの先生かな...と思ってますが、次のステップとしては、かなり気になってます!
またレポ楽しみにしてます!
オウム返しの件ですが、haruさんの失敗談、私は何度もやってます。敬語できかれたら、敬語で切り返してしまう....。「〜されるのですか?」 「はい、〜されます」といった風です。特に脳がスリープ状態の時に反射してしまうようです。(+o+) お〜病気だわ。

リテンションできる=身についてるのか のお話ですが、ビギナーから始めた私のレベルでは、かなり有効であると感じます。一番の近道だった....とさえ思ってます。たぶん、一番苦しい訓練を続けたんだと思うので。机上の勉強の方がよっぽど楽でした。
結果、文法と単語が後回しになりました(+o+)

でも、もともと一定のレベルの方は、ヒアリングも困らないだろうから、ちょっと疑問ではあります。
Posted by appy at 2011年08月30日 09:08
Hannahさんへ 

こんにちは(^O^)/

Hannahさんは誰がどう見ても勤勉です〜(^o^)やはり社会的地位もあってできる女性は違うのだな〜とお手本になります。というか、一日に8コマなんて、私から見たら人間業じゃないです。確かに留学したら、四時間とか英語で授業受けるのかもしれませんが、それでもマンツーマンでの負荷とは比べ物にならない気がします。私は、先日久しぶりに三コマ受講したら、その後、気が抜けて何もしたくなくなりました・・・

私も、ステージ10でHannahさんが同じ事を考えてたと知って驚いたと同時に心強くなりました。共に頑張って進みたいです。

それから、サイトのご紹介ありがとうございます。私は情報収集能力がないので助かります!

たしかに「どうも」は微妙ですよね。Ayaさんに私からも一票です。

Posted by haru at 2011年08月30日 18:53
appyさん、ありがとうございます(^o^)総復習はスキップですが、とりあえず終了です〜。最初から最後まで色々本当にお世話になりました!また終えた感想などをブログに書きますので良かったら読んでください。appyさんも残りもう少しですがファイトです。

オウム返しの件、appyさんは何度もやっているのですね。ちょっとほっとしました、笑。最近日本語が下手になっていると家族から指摘があり、家でもとうとうマリアさんとか呼ばれてます。

私もオウム返しはとても有効だと思っています。会話の反射神経が付いたというか、相手が話している間に「返答はこうしよう」と無意識に考えていられるようになりました。あと、私は意味が知っているが使えない単語がとても多かったので、使えるようになったのはすごーくうれしいです。DME万歳です。
Posted by haru at 2011年08月31日 19:13
haruさん(そしてappyさんほか受講生の皆様)

>haruさんへ
Stage12修了おめでとうございます\(^o^)/
もともとTOEICのスコアからして、すごく力のある方だと思いますが、色々な努力をされての修了だったと思います。脱帽です。

>社会的地位もあってできる女性…
全くの誤解です、本当に!療養期間中ですので基本=無職、あえて言えば只今専業主婦?(-_-;)お仕事の話とかあっても、まだ体力的に自信が持てないですし…名誉的な称号は頂きましたが、あくまでも先方のご厚意をお断りしたくなかっただけで頂いたものでして…全くなんの役に立っていませんし、達成感ゼロ!やはり頑張ってしたことのほうが心に残りますね。そういう意味で、今回アップされた記事(=次)を感慨深く拝見しました。人生の節目節目においてDMEを続けていらした努力…素晴らしいと思います。

>appyさん&受講生の皆様
Stage10になってから、少しこのところ色々と考えることが多いものですから、いささか筆(キーボード?)が滑った感があります。あくまでも個人的な気持ちをこうしたところで書くべきではなかったかな?と反省…もし書くとしても自分のブログだけに留めておくべきでした。不愉快なお気持ちを抱かれたのでしたら、心からお詫び申し上げます。今日、私のブログにアップしたとおり、私は先輩方のように真面目に取り組んでこなかったほうで、その分余計な時間と出費を重ねております。せっかくの勉学心をそうしたことで、損ねたのでしたら申し訳ないことをしてしまったと思います。もちろん、私もDMEに効果がないと言うつもりは全くありません。ただ、いまのところバンザイという気持ちには正直、とてもなれていないのです。ただ、ブログというある意味公共の場での発言ですし(それも他の方の)あくまでも個人的な気持ちとして…と但し書きをつけるべきでした。重ねてお詫び申し上げますm(_ _)m

>appyさん
haruさんに引き続いてもうじきご卒業ですね。あまりにも先に進まれているので、訪問させていただいても、書きこむネタがないくらいなのですが…これからも応援しつつ遊びに行かせていただきたいと思います。あと少し!修了のご報告を楽しみにさせていただいております。








Posted by Hannah at 2011年09月01日 18:57
Hannahさん、

ありがとうございます!何とか一通り終わらせることができました。まだまだ復習しなければいけないことはたくさん残っていますが、気長に付き合っていきたいと思っています(>_<)色々コメントやアドバイスを頂いて感謝しています。Hannahさんのブログからも、色々勉強させていただいています♪

力があるなんて、そんなことないです。勉強するたびに自分の出来なさを身に染みるのですが、いつかできるはず、と信じるしかないと開き直りました。

これからもどうぞよろしくおねがいします!
Posted by haru at 2011年09月02日 05:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。