2011年10月12日

10月のお買いもの 2

2.英語喉 50のメソッド(CD付) [単行本(ソフトカバー)] / 上川 一秋/ジーナ・ジョージ...

毎回の発音レッスンではレッスンを録音して送ってもらえるのですが、先生の重低音で深み・かつ響き、高低・強弱のある発声と対極にある自分の甲高くて口先のみで発声しているようなフラットな発音がずっと悩みの種でした。

どうにか改善できないかと職場で日本人の英語の発声とネイティブが話す英語を聞き比べてみても、日本人の話す英語はどうも私のように口だけで英語を発声していて発音に深みがなくフラットである印象であるのに対し、ネイティブの英語は上述したような豊かな響きを持っています。

海外駐在経験が長い人で、一見ペラペラ英語を話している人でも日本人発音なので、もうネイティブのような発音を習得するのは一定以上の年齢に達した学習者には不可能だと思い始めていましたが、日本人で私が目指している深み・響きそして音の高低・強弱のある英語を話す方に出会い、その方と話したところ声楽が趣味だとおっしゃっていて、これはもしかして喉の使い方にコツがあるのでは、と考えるのに至りました。

さらに、ベストセラーのアメリカの発音の教材"American accent training"の一節に、「アメリカ人は唇をほとんど動かさずに話す」、という記述があり、これもずっと腑に落ちませんでした。日本語で書かれたいろいろな発音の教材を読む限り、口の中の舌の動き、口の形にフォーカスした練習法がほとんどで、これはAATの著者のいう「アメリカ人は唇をほとんど動かさずに話す」と矛盾しているのではないか、と思っていました。

しかし、口で発音するのではなく、喉を使って発音するのって果たして具体的にどうするの?と思っていたところ、この「英語喉」の本に出会いました。著者は「英語は喉で発音するものなのです。日本語で言うと首にあたる部分の喉です。ネイティブの声が、日本語よりも深く、立体的に響くのには、わけがあったのです。」と断言し、口や舌の動かし方は重要ではないとしており、読んだときこれだ!と思いました。

まだ勉強を始めてから始めてから一週間しか経っていないので、絶対にお勧めとは言えませんが、自分の発音したものをICレコーダに録音して聞き返したところ、深みや響きが増しているように思え、発音の先生にも「発音がよくなった」と言われたので、今はこの本のメソッドをマスターしてみたいと考えています。慣れたら、従来の発音の本に従ってややこしい口や舌の動きを勉強するより、喉の使い方のコツをつかんだほうが簡単かもしれません。

それから、もう一つ、私が英語喉のメソッドと試してみたいと思った大きな理由は、CDで著者自らが英語を発音して教えてくれることです。他の英語発音の教材(英語耳や英語舌etc.)も持っていますが、CDの録音はネイティブ任せのものが殆どなので、先生自身のお手本を聞けることは、モチベーションも上がるし、なによりメソッドに対する信頼感も高まる気がします。

ただ、私には非常に有用に思える教材ですが、アマゾンのレビューをみると賛否両論のようなのと(メソッドの性質上仕方がないかもしれませんが、確かに記述がわかりにくいところがあります)、少々値段が高いので(2,520円)もし興味を持たれた方がいらしたらYou tubeの著者の上川先生が公開されている録画を観てから購入を考えるのも一案かもしれません。You tubeで英語喉、で検索すると出てきます。





posted by Haru at 20:09| Comment(10) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
haruさん、おはようございます。有益な情報ありがとうございます。ネイティブのように発音したい.....私もずっとあこがれています。
おちゃらけての芸能人や職場の人のモノマネは得意な方の私なのですが(*^_^*)、どうも、英語のモノマネは、ぱっとしません。
今、「英語喉」を即買いしたい衝動にかられています。英語でしゃべらナイトを見ていると、たま〜にですが、ナイスな発音の日本人がいらっしゃいます。でも、せっかく流暢なのに、発音どうにかならないのか....という日本人が圧倒的に多いです。(流暢でもない私が人のこと言えませんが....)
また、レポを期待してます!




Posted by appy at 2011年10月13日 09:11
haruさん 早速ポチらせてもらいました!
 
耳元で内緒話をされた場合 日本語はなんとも無いのに 
英語だとすごくくすぐったいと言うのを 以前本で読んだことがありました
口の前に手をかざして 日本語と英語の音の出し方の違いを認識するというやり方でしたが
そこで終わっていたので 発展しないまま・・・・
この本なら それがものに出来るような気がしました!!
(って まだ読んでもないのにね``r(^^;)ポリポリ)

とっても有意義な情報をありがとうですm(_ _)m
Posted by Blondee Kim at 2011年10月13日 11:08
appyさん、こんばんは!一気に書いてアップロードしたので、変な日本語が多くてちょこっと修正しました。

>おちゃらけての芸能人や職場の人のモノマネは得意な方の私なのですが
外国語習得の勉強って結局全て物まねの気がするので、モノマネ得意なら前途有望だと思います!いいな〜。appyさんのモノマネレパートリー興味深々です、笑。

そうなんですよね。お前が言うな!と叱られそうですが、職場でもとっても流暢でかつ内容のある英語を話しているのに発音がちょっと・・・だと残念、だなと思ってしまいます。逆に話の内容はふつうでも、発音がいいとかっこいい〜と思ってしまうミーハーな私です。

「英語喉」は私はお気に入りですが、今までの発音の教材とは全然違うので、もしかしたら本屋で中身を見てから買うか、You tubeで先生の主張を確認してから買うのもいいかもしれません。好みがはっきり分かれそうな本なので。また進んだらレポしますね。発音上達に向けて一緒に頑張りましょう(^_-)-☆



Posted by haru at 2011年10月13日 21:00
Blondee Kimさん、こんばんは☆

こちらこそいつもBlondee Kimさんのブログから素敵な情報を頂いているので、感謝です!ルームシューズはもう一足買えば良かったと後悔する逸品です(^o^)
さっそくポチですね!一緒に頑張りましょう〜。私は本だとちょっとわかりにくい記述があったので、You Tubeの先生の動画を参考にして進めています。動画のレッスン1,2等はテキストに沿っていてテキストを読むより分かりやすかったです。
耳元で英語で内緒話をされるとくすぐったいのは、英語の方が息を使っているからでしょうかね?
それから、とっても重要な情報を記載するのを忘れてしまったのですが、「英語喉」の練習方法ってかなりヘンタイ度高いです。練習していたらまた慎之介くんに睨まれてしまうかもしれません(>_<)
Posted by haru at 2011年10月13日 21:09
haruさん、こんばんは。

>「アメリカ人は唇をほとんど動かさずに話す」
にちょっと納得しました。
私は子音より母音の方が圧倒的に苦手です。特に[ae]の音が苦手で、ジェイ先生にもかなり結構直されてきました。 ジェイ先生やベルの先生たちは[ae]の音を出す時に、'can'の発音を大げさにする時のように口を縦と横にかなり開いているので、私もそれを真似していました。
そしてダニエル先生のレッスンの時には、[ae]の音をどうやって発音しているか見るために、口元に注目したりしていたのですが、口をほとんど開けないのでよくわからず、この人じゃだめだと思っていました。でも、一般的なアメリカ人がそうなのですね。

私が母音が苦手だと思っていたのも喉と関係があるのかもしれませんね。子音はむしろ口や舌の形に依存しているような気がします。

でも、今はまだ手を出すのはやめておきます。全てが消化不良になりそうなので。むしろ「ゼロからスタート基本動詞」の方が気になっています。
Posted by piro at 2011年10月13日 22:10
こんばんは。

youtube見るだけでも、日本語と英語の声の出し方の違いがよく分かりますね。

日本語は一文字づつしっかり発音する為、
喉に力を入れて、口でコントロール。

英語は口に力を入れないで、喉で話す感じですかね。
鼻声っぽく話すと、英語っぽく聞こえるのは私だけ?

カランでも出てきましたが、
例として、日本語では、エクスペンシブと7文字を正確に発音するのに対して、
英語では、エクス・ペン・シブと3つの音でとらえるので、この一つの固まりを仮に3文字とすると、
日本語より、文字数が少ないので、
話すスピードに対してのタイミングを取るのに、長く伸ばすようになったのかなっと、勝手に推測してしまいました。

たーしかに、えーいごっぽく、しゃーべると、
くーちにちから、いーりません。

あっ、長文すみません。





Posted by neco at 2011年10月14日 01:31
私もポチりました!(^◇^)
最近聞くのはDMEばかりで、AATはそっちのけで、また違うのに手を出すのかい!! 瞬間英作文はどうした? というささやきが聞こえそうですが。(+o+)

モノマネは「やれ!」と言われたらやらないのが私。人を笑わせるのが好きなので、職場の人のモノマネが多いです。(^−^) あと、歌も良くハサみます。芸人魂ですね〜。英語でシャれの一つも言えないのが、はがゆいです。kimさんのユーモラスな切り返しは、ほんと見習いたい!

この人、文章めちゃくちゃなのに発音がやけにいいよ〜を目指したいな。
Posted by appy at 2011年10月14日 09:20
piroさん、おはようございます!

私も「唇を動かさない」でダニエル先生を思い出しました。私は子音の方が苦手です。確かに子音は口や舌に凄く依存するのでややこしくて、正確に発音しようと思うたびに口が緊張してしまいます。特に"r"はすぐ甘く発音してジェイ先生に注意されるし、"ng""z" etcも苦手です。

piroさんは母音の方が苦手なのですね。外国人の英語の先生(マーク・ピーターセン先生かな)が[ae]は英語の中で一番美しくない発音だ、と力説していました。そして
>この人じゃだめ
が私のツボにすごくハマってしまいました。私的にpiroさんが冷静に語るダニエル先生ってすごく面白いんですよね。

ゼロからスタート、もよかったです。食器洗っている時やドライヤーを使っている時につぶやく様なので、例文が長いと困るのですが短めだし、コロケーションを覚えるのに良いです。
Posted by haru at 2011年10月15日 10:53
necoさん、おはです〜 長文いつも大歓迎です♪

You tube分かりやすいですよね。喉を締めちゃいけないってはっとしました。喉はリラックスして開く感じみたいですね。お風呂で「あー、いい湯だ」とリラックスする時の喉の開きだそうです。

>例として、日本語では、エクスペンシブと7文字を正確に発音するのに対して、
英語では、エクス・ペン・シブと3つの音でとらえるので、この一つの固まりを仮に3文字とすると、
日本語より、文字数が少ないので、
話すスピードに対してのタイミングを取るのに、長く伸ばすようになったのかなっと

そうそう!私はまだちゃんと読めてないのですが「英語喉」は英語の喉からの発声のしかたと、「スリービート」が二本柱のようで、「スリービート」にそういうことが書いてありました。さすが!You tubeの動画でもスリービートとして紹介されてました。

口をリラックスからまず始めてみたいです〜。

Posted by haru at 2011年10月15日 11:27
appyさん、おはようございます(^o^)

ポチですね!Kimさんに続き、仲間が増えて嬉しいです。どうに進めるか考え中なので、いい案や気づきがあったら教えてください〜。ナイス発音目指して一緒に頑張りましょう!AATのリエゾンが全然できなくてそこから放置していましたが、英語喉をマスターすればリエゾンもできるようになると記載されていたので、希望が見えてきました。

モノマネさすが、芸人魂(関西人魂?)に感動です(+o+)歌まで挿入とは!そんな楽しい人が私の職場にもいたらいいのに〜モノマネがうまい芸人さんは笑いを通り越して感動すら覚えます。よくYou tubeで夫とミラクルひかるさんとかみて笑いを通りこしてすごい!と思ってます。私もできたらいいのに。Kimさんも絶対ベルで人気の生徒ですよね。ブログ読んでてレッスンを想像すると笑っちゃいます。

Posted by haru at 2011年10月15日 11:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。