2011年11月18日

フリートーク

最近は週3-4くらいでフリートークとDME advancedレッスンをぼちぼち受けています。

今日はダニエル先生でフリートークレッスンを受け、セブのサントニーニョ祭りについて話を聞きました。サントニーニョとはセブ島に伝わる幼子イエスの像の事で、セブの家庭にはほぼ必ずある像らしいです。

以前からよくセブ島新参者である先生は、セブの家庭にある幼子イエスはなんか違うんだ!びっくりするよ!と熱く語っていましたが想像がつかないので聞き流していたのですが、今日はとうとう画像を送ってくれました。

SantoNinodeCebu - コピー.jpg

たしかにすごくきらびやかかも・・・。イエス様なのに顔黒いし・・・。想像以上でした!
【関連する記事】
posted by Haru at 21:23| Comment(3) | フリートークレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

この写真は結構衝撃的ですね〜。普通、マリア様に抱かれているイエス様って、白人の赤ちゃんの顔で、裸か産着ですよね。
でも、なんかどこかで見たことあるような気がするのですが。気のせい?
Posted by haruさん at 2011年11月23日 19:04
間違えました。自分の名前のところにharuさんの名前を書いてしまいました。
Posted by piro at 2011年11月23日 19:42
piroさんこんばんは!私もコメント書くとき自分の名前のところに宛先をよく書いてしまいます(^o^)

サントニーニョ、私もなんか見覚えがある〜と思っていました。足元がおちゃめです。そうそう、聖母子像などの裸・産着を想像していたのでゴージャスでびっくりしました。ダニエル先生も、「何で父親が大工で、母親がjoblessなのにこんな服を着られるのか」と言ってました。宗教の話は避けていますが、ダニエル先生はよく話題にする気がします。
Posted by haru at 2011年11月23日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。