2011年12月05日

DME advanced 3コマ目とフリートーク

ちゃんと記録をつけていないのですがレッスンは平日夜にほぼ毎日受けており、今日はDME advancedとフリートークレッスンを受けました。advancedは、やっぱりstandardと比較するとかなり上級ですねあせあせ(飛び散る汗)standardでは日常でよく使う単語がキーワードとして出てきたのに対し、advanceはアカデミック、もしくはビジネスの場などで使われるようなフォーマルな単語も多く取り上げられています。日常会話をしっかりさせたい私は、まずDME standardをしっかりマスターする方が先決かもと思いました。フリートークをメインに、advancedは瞬発力を鍛えるためにぼちぼち(週一くらい?)受けていこうと今のところ考えてます。

話は変わりますが、先生が生徒に六歳の子もいるよ、と言っていました。そんなに小さなころから英語に親しめるなんて羨ましい限りです。やっぱり小さい頃から勉強していた方が英語になじみやすくなるでしょうねぴかぴか(新しい)

しかし自分を良くも悪くも分かってきた年代で勉強をする利点もあると思います。その一つとしては、自分に向いている勉強方法を選択でき、ある程度計画的に進められることでしょうか。ひとくちに英語の勉強方法と言っても、シャドーイング、多読、音読、ライティングなどといろいろあり、本などでいくら他人が「この方法でTOEICの点数が急上昇した」と主張していても、それはその人に最適な方法ではあって自分に合うとは限らないということが勉強をしているうちにやっと分かりました。普段本をあまり読まない人が英語で多読を試みてもしんどいでしょうし、私みたいに根気のない人間が毎日ひたすらシャドーイングや丸暗記をすると決めても絶対続きません。

若い時は他人の成功談に流されて、「だったら私もこの方法でイケるはず」と思って色んな方法を試していましたが、途中で挫折することばかりでした。今は英語の勉強方法は続けたらどれも同じくらい効果があり、向いていて続けられると思う勉強方法が一番良いと考えるようになったので、安易に色々な教材に手を出さなくなったのは良かったなと思います。

結局英語力は触れた時間に比例するとの事なので、手を変え品を変え勉強方法を変え、時には自分をだましだまし英語の勉強を楽しみながら長く続けていくのが一番重要だなと思う今日この頃です。

posted by Haru at 19:45| Comment(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。