2011年11月01日

Morning,noon & night

Morning, noon&night(Sidney Sheldon)遺産 シドニーシェルダン (396ページ)
Morning, Noon & Night [マスマーケット] / Sidney Sheldon (著); Vision (刊)

内容(「MARC」データベースより)
ハリー・スタンフォードの長男タイラー、長女ケンドール、二男ウッディ、そして腹違いの娘ジュリア。この4人を軸に遺産相続争いは熾烈をきわめ、そして意外な結末が…。

先週図書館から借りてきて、三日位で読み終えました。億万長者の父の残した遺産を巡る物語です。シェルダンが後記に書いた小説で、他の小説に比べるとやや地味な印象ですが、それはそれで面白かったです。物語の初めはイタリアが舞台で、中盤からページをめくる手が止まらなくなります。シェルダンの小説が一旦読むとやめられなくなるのは、内容自体がすごく興味深いとかではなく、とにかくストーリーが二転三転するので、先がすごく気になって読み進めずにはいられないからだと思います。外国の舞台説明もすごく丁寧だし、以前シェルダンのインタビューで「ほとんどの人はそんなに海外旅行に行けるわけではないから、自分の本を通じて読者が実際にそこを訪れたように楽しめればいい」というような趣旨のことを言っていましたが、本当に人を楽しませる術に長けている人だなあと思います。さすが元脚本家です。

シェルダンやダニエル・スティールの小説くらいの難易度なら日本語とそんなに変わらないくらいのスピードで読めるようになりました(勉強のため辞書を引く単語も結構ありますが、引く前におおよその意味は推測できます)。こういう易しめの本からだんだん難易度を上げていっていつか、高校時代に夢中で読んだブロンテの「嵐が丘」やオースティンの「高慢と偏見」などの英文学を今度は英語で読めるようになったらいいなと思っています。トワイライトで、主人公の高校生ベラがこの二冊を読んでいる記述があり、高校時代の私と一緒だ〜と嬉しくなりました、英文学といえば、「シャーロックホームズ」も大好きで、ホームズが私の初恋の人です。まだまだこれらの英文学は歯が立たないと思いますが、色んな本を読み続けていけばいつか読めるはず、と気長に構えてます。読書はおばあちゃんになっても十分続けられるし。

話が逸れましたが、このシェルダンの小説に話を戻すと原題は"Morning, noon & night"でランボーの詩からとったようです。この原題が何を意味するか私にはよく分からないのですが、日本語版の「遺産」っていうのはちょっと直接的過ぎな気もします。まあたしかに「遺産」の話ですけど、身も蓋もないというか・・・。昔の小説の題名の方が素敵なのが多い気がします。上で書いた「嵐が丘」なんてとてもロマンチックで良いです。

それから、麻薬中毒の登場人物が出てくるのですが、彼は麻薬中毒だ、とは"He is on drugs"と前置詞"on"を使って表現できるのですね。私だったら"He is addicted to drugs"って言っちゃいます。でも前者の方が自然な表現でしょうね。今基本動詞をマスターしようと奮闘中ですが、これが終わったら前置詞のマスターに取り組もうと思いました。基本動詞、前置詞を一通り覚えられれば、言いたいことがシンプルに表現できるようになりそうです。
posted by Haru at 20:36| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

Memories of Midnight

Memories of midnight (Sidney Sheldon)明け方の夢 シドニーシェルダン(404ページ)Memories of Midnight [マスマーケット] / Sidney Sheldon (著); Grand Central Publishing (刊)
内容(「BOOK」データベースより)
無実のアメリカ青年ラリーは悔し涙を流しながら刑場の露と消えた。成金男デミリスの高笑いが今日も聞こえる。この世に神はいないのか?ヘビのようなマフィアと、鬼のようなデミリスの、命を懸けた知恵比べ。殺しても足りない憎悪の夫婦。お互いに相手のスキを窺う義兄弟の死闘。敵の手中にありながら疑がうことを知らないヒロイン。ロンドンとアテネを股に掛けて運命の男女が追いつ追われつのドラマを展開する。神に一番近づけるのは誰か?


necoさんおすすめの"memories of midnight"が図書館にあったので昨日借り、さっそく読み始めたら面白すぎて止められず、英語も読みやすいので結局二日で読み終えてしまいました。この本の前編の"the other side of midnight"は数年前に読んだので内容はあまり覚えていない状態だったので、読み始める前は話についていけるかちょっと不安でしたが、前編の重要な箇所についてはところどころ触れてあり、思い出しながら読み進められました。

舞台は香港の九龍から始まりアテネ、ロンドン etc. を駆け巡り、最後の方には新婚旅行で行ったベネチアも出てきて嬉しかったです。necoさんの言うとおり、舞台の説明が詳細で旅行に行った気にさせてくれる本です。主要な女性の登場人物が三人出てきますが、共通点は並外れて美しく、聡明ですが、男性を見る目がないばかりに破滅に向かっていくところです。

ラストですが個人的には法廷シーンが好きなので、最後も法廷ですべてを暴き出す、というのがよかったかな〜。でも最後までハラハラドキドキ一気に読めました。活字中毒の私にとっては、眠いのに面白すぎて読むのを止められない本がある夜ほど嬉しい夜はないでするんるん

久しぶりにシェルダンを読んで、やっぱりシドニーシェルダンは最高のエンターテイメント作家だと再認識しました。読んだ後に何も残らない小説と批判されているのをたまに見ますが(確かにそうですけど)、読んでいる時にこれだけ楽しませてくれたらいいじゃん、と思います。本人もそれを目指していただろうし。ただ、本当にご都合主義なので、あまり深く考えすぎないで楽しむのがいいと思います(なぜ抜け目のない性格なはずのデミリスがキャサリンをそんな理由でそんな風にそこまで生かしておくの?等考えたらきりがありません)。

posted by Haru at 00:25| Comment(4) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

The Twins at St Clare's

先週、アマゾンで"The twins at St. Clairs(邦題:おちゃめなふたご)"を購入、先日読み終わりました晴れ

小学校高学年から中学生の時にかけてすごく大好きだった物語で、いつか英語で読みたいと思っていましたが、やっと読み始めました。全8巻の内の1巻目です。

あらすじはというと、1940年代のイギリスの寄宿舎学校が舞台です。14歳の双子のパットとイザベルは、クレア学院という全寮制の学校に入学することになりました。友人と一緒に別のお嬢様学校に進学したかった二人は両親の方針で「誰でも行ける」クレア学院に入学するのが嫌でたまりません。在学していたお嬢様学校のレッドルーフ校では、勉強・スポーツで最も優秀な生徒"head girls"として卒業し皆の憧れの的だった二人は、クレア学院でも他の生徒に一目置かせるつもりだったのですが・・・。

お嬢様校で甘やかされて、すこしうぬぼれてしまった二人は最初は他の生徒に"stuck-up twins(お高くとまった双子)"というあだ名をつけられてしまいます。二人は最初は、以前の学校と全く違う質実剛健なクレア学院の校風に戸惑い、先生や先輩に反発していましたが、厳しいけど親身な先生たち、そして個性的で楽しく、親切な同級生達と触れ合うにつれ、本来の思いやりがあり、頑張り屋な二人に戻り、次第にクレア学院に溶け込んでいきます。

1941年(第二次大戦中ですよね!)に出版された物語ですが、今読んでも登場人物が生き生きと描写されていて、子供の時に感じた「こんな学校に行きたい!」という気持ちがまたよみがえり、すっかり再度ハマってしまいました。日本語版は抄訳だったとのことですが、英語を勉強したことによって完全版が読めるようになって良かったと心から思いました。ただ、日本語版の挿絵が素晴らしく可愛らしかったので、英語版の挿絵にはちょっとがっかりですあせあせ(飛び散る汗)

英語ですが、これが意外と難しかったです。文法はそんなに難しくなかったのですが、様々な英単語が出てきて知らない単語が多かったり、たまにちょっと古い言い回しなどが出てきました。普段、英語の本を読むときは、辞書を引くのがめんどくさいので分からない単語も推測で読みとばしていましたが、今回は勉強を兼ねていたので、分からない単語は全て英英辞典を引いて読み進めたのでたくさん単語が覚えられてよかったです。そして、DMEで勉強した単語が驚くほど頻出で、テキストの短い例文だけではわからなかった意味を物語を通して知ることができました。

例えば、物語中で、あることの罰として、生徒が楽しみにしていたサーカスに行けないということになってしまったのですが、結局生徒たちは行くのを許され、「手をこすり合わせて喜びました(rubbed their hands together)」というフレーズが出てきました。ステージ10で出てきた"rub one's hands(両手をすり合わせる)"というイディオムですが、テキストの説明では「特に他人になにかよくないことが起こった時に喜んで両手をすり合わせるしぐさ」とあったので、ネガティブな意味合いでよく使われる単語だと思っていましたが、ここでポジティブな意味でも使われることを知りました。それから、夜、寮を抜け出した生徒は"play truant from school"と記載されていて、DMEで勉強した"play truant"はこういう風に使うのね〜と思いました。ちなみにサボっている生徒という名詞は"truant"ということです。

そして、クレア学院シリーズではおなじみ、先生の目を盗んで真夜中の寮でごちそうを持ち寄って行う「真夜中のパーティ」は"midnight feast"、「嘆かわしい(abominable)」が口ぐせのフランス語教師のあだ名「嘆きのマドモアゼル」は英語では"Mam'zelle abominable"というと知って感動しました〜。

さっそく続きも注文したのですが、すっかりまたクレア学院の世界にハマってしまい、次の本が来るのが待ちきれず、また一巻を再読して、クレア学院の世界に浸ってます。幸せです。作家のエニド・ブライトンは非常にたくさんの本を書いているので、しばらく読む本に困らなそうです。








posted by Haru at 22:30| 東京 ☀| Comment(4) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

The last lecture

私は子供の頃、死についてよく考えていた時期がありました。小学校低学年の頃、台所で家事をしている母に付きまとい、死について色々質問していたのを覚えています。死によって何もなくなってしまう様に思えとても怖かったのです。ついに業を煮やした母に、もう死について考えるのはやめなさい、と諭され、当時素直だった私はそれ以来考えることをやめました。また、成長し日々の生活が忙しくなるにつれ、せいぜい数年先の事を考えるのが精一杯となり、もう遠い先の出来事の様に思える「死」について思い煩うことは自然となくなりました。

しかし、数年前にとても大事な人が難病にかかったこと、そしてずっと一緒にいたいと思う人に出会ったことによりまた死に対してまた色々考えるようになりました。

そんな時に出会ったのが、ランディ・パウシュ教授による"the last lecture"です。すでに非常に有名な映像なので、私が説明するまでもないと思いますが、すい臓がんに侵され余命数ヶ月のパウシュ教授が、「生きること」についてアメリカの大学で講演した記録です。子供の頃の夢を全て叶えてきた教授が、その方法を私達、そして彼の3人の幼い子に向けてユーモアとそして愛情をもって伝えてくれます。

珠玉の言葉に満ちた彼のレクチャーの中のclicheの中でも、特に心に残っているもの。

"The brick walls are there for a reason. They're not there to keep us out. The brick walls are there to give us a chance to show how badly we want something".夢を叶える道のりに障害が立ちはだかった時に僕はいつも自分にこう言い聞かせてきた。レンガの壁がそこにあるのには、意味がある。僕たちの行く手を阻むためにあるのではない。その壁の向こうにある「何か」を自分がどれほど真剣に望んでいるか証明するチャンスを与えてくれているのだ。

"fundamentals, fundamentals, fundamentals. You've got to get the fundamentals down, because otherwise the fancy stuff is not going to work.
「基礎、基礎、基礎。基礎を身に着けないと、その先にある素敵な事なんか身につかない」

ずっと英語を話せるようになりたい、と思っていましたが、それまでにかかる努力を思うと「どうせ無理」とあきらめていました。しかし、パウシュ教授のレクチャーを観、その後本を読んだことにより、考えが変わりました。彼の様に重い病気にかかったり、そして不慮の事故に巻き込まれたりする事件も多い中、自分だけは長生きできると考えるのはとても不遜なことだ、と。今、奇跡的に与えられている命を無駄にしないように一生懸命生き、人生を終える時に後悔しないよう夢を叶えようと思い、一発奮起して英語の勉強を始めました。

しかし、その過程ではやはり想像していたように様々な壁に頻繁に突き当たります。その時には、上記のclicheにいつも助けられます。自分には才能がない、と考えるのをやめて前者の様に考えることによって「この壁をクリアするぞ!」とやる気が再度沸いてきます。また、焦って勉強を進めたくなるとき、そして難しいことが理解できない時には後者で基礎の重要性を再確認し、堅実にやっていこうと自分を戒めたり、基礎に立ち返るようにしています。

もう一つ、彼が私に教えてくれた事は、子供の頃に思っていたように死は必ずとも無とイコールであるということではないということです。彼の様に、真摯に一生懸命生きた人は、必ず他の人の生に影響を与える事ができ、永遠に次の世代の心に刻まれます。私が彼の講演を知ったのは、彼が亡くなった後ですが、彼は私の人生に対する考え方を大きく変えてくれ、夢に向かって進むことの素晴らしさ、また再チャレンジする勇気、そして障害の乗り越え方をも教えてもらいました。この本は、私にとっての第二のthe bibleです。

http://www.amazon.co.jp/Last-Lecture-Randy-Pausch/dp/1401309658

posted by Haru at 00:03| 東京 ☀| Comment(4) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

How Starbucks Saved My Life

最近ノンフィクションの本を読むことが多いのですが、このMichael Gates Gill著"How Starbucks Saved My Life(どのようにスターバックスが僕を救ってくれたか)"はノンフィクション中のノンフィクションだと思います晴れそこまで書く?っていう記述がたくさんありますあせあせ(飛び散る汗)

この本の著者であり、主人公であるMichealは、NYの裕福な家の一人息子として生まれアイビーリーグの大学を卒業した後、順調に最大手広告会社の重役にまで出世しました。しかし53歳の時、会社の「若返り化」で以前の部下で現在の上司である30代前半の女性に首を切られてしまいます。その後、会社を立ち上げても上手くいかず、不倫相手に子供が出来てしまい長年連れ添った奥さんと離婚し慰謝料等ですっからかんになってしまいます。離婚したら、不倫相手にも愛想を付かされてしまいまい、おまけに片耳が聞こえづらくなるという脳腫瘍も発症してしまいます。

ここまでだったら、気の毒に・・・という話で終わってしまいます。順風満帆な人生からこの様な不幸に一気に見舞われたら、鬱になってしまったりもしかしたら自分の命を絶ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、Michealは違いました。スターバックスで時間をもてあましていたところ、唐突に黒人の若い女性店長に「Would you like a job?スターバックスで仕事しません?」と声をかけられ、スターバックスで店員を始めたexclamation×2ところから凝り固まった彼の価値観も大きく変わり、60代にして彼にとっての人生で最も大切な事とは何か学ぶことになります。

元大企業のエリートでWalmart(アメリカのスーパーマーケット)に入ったことすらない60代の白人男性が,平均年齢20歳の様々な人種の同僚と一緒になって一店員としてどんな仕事(タイルのカビとりからトイレ掃除まで)も奮闘しつつ真摯に取り組む姿勢は本当に見習いたいと思いました。

この本のタイトルは「スターバックスがどのように僕を救ってくれたか」ですが、Michealの柔軟性やどのような仕事に対しても最善を尽くすよう努力する姿勢がなかったら到底スターバックスに「救われる」事もなかったでしょう。

それから、改めてアメリカは階級社会なんだなとも感じました。典型的なWASPであるMichealはスターバックスで働くまでWASP以外の人々とあまり話したことがないとか、サービス業"serving class"、それからサービス業を受ける立場の人々"served class"という記載があったり・・・。Blue collarやWhite collarという英語もありますしね。

英語は読みやすいと思います。私は難しい本はすぐに投げ出すのですが、最後まで一気に読めましたのであせあせ(飛び散る汗)


How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else

How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else

  • 作者: Michael Gates Gill
  • 出版社/メーカー: Gotham
  • 発売日: 2008/09/02
  • メディア: ペーパーバック



posted by Haru at 07:26| 群馬 ☔| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

Go Ask Alice

January 24th
After you've had it, there isn't even life without drugs....

昨日、Amazonに以前注文していた洋書"Go Ask Alice"が届いたので読み始めたのですが、一気に読み終えてしまいました。

この"Go Ask Alice”という日記形式の本は、アメリカで1971年に出版されて以来500万部売れ続けているとのことです(実際、米アマゾンのサイトでもreviewが1,285件もついてて驚きましたexclamation)作者は匿名となっており、同サイトのreviewを読んだところアメリカではいまだにこの本がフィクションかノンフィクションか議論の的になっているようです。

内容は、大学教授を父に持ち愛情にも金銭的にも恵まれた家庭で育った「普通の」15歳の女子高生が、友人とのパーティでドラッグの入ったソフトドリンクを飲んだことから麻薬に溺れ、身を滅ぼしていくまでの日記です。

日記を読んだ後自分も十代の時彼女のように劣等感、自己嫌悪、孤独感に苛まれ、自分でない完璧で幸せな誰かになりたい、と強く思っていた時期があったことを思い出しました。彼女と私の違いはドラッグをそのような感情から逃れるため、自分ではない別の誰かに変身する手段として選んでしまったところです。

ドラッグへの依存心を抗えなかった彼女の弱さ、そして日記にしか自分の気持ちを告白出来ない彼女の孤独感が行間からにじみ出てくるような日記でした。

それから、よく「お母さんが私にもっと髪の毛を綺麗にまとめろってうるさいちっ(怒った顔)」って出てくるのですが、どこの国の母親も同じなのねって思いました。うちの母をいまだによく私の髪型にケチをつけますあせあせ(飛び散る汗)



Go Ask Alice

Go Ask Alice

  • 作者: Anonymous
  • 出版社/メーカー: Simon Pulse
  • 発売日: 2005/12/27
  • メディア: ペーパーバック



posted by Haru at 11:52| 群馬 ☁| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。