2011年11月01日

Morning,noon & night

Morning, noon&night(Sidney Sheldon)遺産 シドニーシェルダン (396ページ)
Morning, Noon & Night [マスマーケット] / Sidney Sheldon (著); Vision (刊)

内容(「MARC」データベースより)
ハリー・スタンフォードの長男タイラー、長女ケンドール、二男ウッディ、そして腹違いの娘ジュリア。この4人を軸に遺産相続争いは熾烈をきわめ、そして意外な結末が…。

先週図書館から借りてきて、三日位で読み終えました。億万長者の父の残した遺産を巡る物語です。シェルダンが後記に書いた小説で、他の小説に比べるとやや地味な印象ですが、それはそれで面白かったです。物語の初めはイタリアが舞台で、中盤からページをめくる手が止まらなくなります。シェルダンの小説が一旦読むとやめられなくなるのは、内容自体がすごく興味深いとかではなく、とにかくストーリーが二転三転するので、先がすごく気になって読み進めずにはいられないからだと思います。外国の舞台説明もすごく丁寧だし、以前シェルダンのインタビューで「ほとんどの人はそんなに海外旅行に行けるわけではないから、自分の本を通じて読者が実際にそこを訪れたように楽しめればいい」というような趣旨のことを言っていましたが、本当に人を楽しませる術に長けている人だなあと思います。さすが元脚本家です。

シェルダンやダニエル・スティールの小説くらいの難易度なら日本語とそんなに変わらないくらいのスピードで読めるようになりました(勉強のため辞書を引く単語も結構ありますが、引く前におおよその意味は推測できます)。こういう易しめの本からだんだん難易度を上げていっていつか、高校時代に夢中で読んだブロンテの「嵐が丘」やオースティンの「高慢と偏見」などの英文学を今度は英語で読めるようになったらいいなと思っています。トワイライトで、主人公の高校生ベラがこの二冊を読んでいる記述があり、高校時代の私と一緒だ〜と嬉しくなりました、英文学といえば、「シャーロックホームズ」も大好きで、ホームズが私の初恋の人です。まだまだこれらの英文学は歯が立たないと思いますが、色んな本を読み続けていけばいつか読めるはず、と気長に構えてます。読書はおばあちゃんになっても十分続けられるし。

話が逸れましたが、このシェルダンの小説に話を戻すと原題は"Morning, noon & night"でランボーの詩からとったようです。この原題が何を意味するか私にはよく分からないのですが、日本語版の「遺産」っていうのはちょっと直接的過ぎな気もします。まあたしかに「遺産」の話ですけど、身も蓋もないというか・・・。昔の小説の題名の方が素敵なのが多い気がします。上で書いた「嵐が丘」なんてとてもロマンチックで良いです。

それから、麻薬中毒の登場人物が出てくるのですが、彼は麻薬中毒だ、とは"He is on drugs"と前置詞"on"を使って表現できるのですね。私だったら"He is addicted to drugs"って言っちゃいます。でも前者の方が自然な表現でしょうね。今基本動詞をマスターしようと奮闘中ですが、これが終わったら前置詞のマスターに取り組もうと思いました。基本動詞、前置詞を一通り覚えられれば、言いたいことがシンプルに表現できるようになりそうです。
posted by Haru at 20:36| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

先週の記録

こんばんはやや欠け月今まで調子が良かったのですが、先週の火曜日の夜位から具合が悪くなりブログを書いてないのはおろか、勉強も全然してませんあせあせ(飛び散る汗)こんなに勉強しなかったのは久しぶりです。会社は休まないようにしているのですが、金曜日はやむなく休ませてもらいました。でも一人で緊張感なく好きなだけ寝れるという環境は逆に良くなかったみたいでだらだら寝た結果、吐き気に加え片頭痛も同時に始まってしまい日曜まで三日間大変でした。もうつわり終わってもいい頃なのに今までで一番きつい日々でした。多少朝つらくても、会社に行って規則正しい生活を送った方が結局楽だ、と痛感した三日間でもありました。今まで頭痛も土日に起こることが多かったし。そういえば、片頭痛は英語でmigraine、sick headacheが一般的ですが、気が抜ける休日に起こることが多いので別名"holiday headache"ともいうと聞いたことがあります。

で、日曜の夕方にちょっと落ち着いてきたので図書館に本を返しに行こうと思い、よく着るジーンズを履いたらおなかがきつくてはけませんでした。無益な一週間を過ごしてしまった、とくよくよしていたのですが、赤ちゃんにとってはとっても重要な一週間だったのだなと思いました。赤ちゃんも頑張っているのだから、自分も弱音吐かず頑張らないと、と気合を入れました。

こうしてどんどん大きくなるおなかを見ていると、いざ産まれたらこの子以外大切なモノなんてなくなっちゃうんだろうな〜と思います。その時が待ち遠しい気がする一方、今私なりに頑張っている夢はどうなるのだろう、ちゃんと今のままのモチベーションを保っていけるのか、それとも今はゆるぎない夢に思えているけれど、どうでもよくなっちゃったりして・・・とふと怖くなるときが最近あります。

ま、今そんな先のことを心配してもしょうがない。今、確実に分かっていることは出産後数か月は勉強はできないであろうということ。安定期に入って少し楽になったら、超勉強頑張っておこう!とやる気だけは(今のところ)充分です手(グー)特に発音を頑張って、日本語の絵本と共に英語の絵本も読み聞かせてあげたいな〜というのが今の目標です。今のままの発音だと赤ちゃんも迷惑だと思うのでダッシュ(走り出すさま)
posted by Haru at 19:30| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

Memories of Midnight

Memories of midnight (Sidney Sheldon)明け方の夢 シドニーシェルダン(404ページ)Memories of Midnight [マスマーケット] / Sidney Sheldon (著); Grand Central Publishing (刊)
内容(「BOOK」データベースより)
無実のアメリカ青年ラリーは悔し涙を流しながら刑場の露と消えた。成金男デミリスの高笑いが今日も聞こえる。この世に神はいないのか?ヘビのようなマフィアと、鬼のようなデミリスの、命を懸けた知恵比べ。殺しても足りない憎悪の夫婦。お互いに相手のスキを窺う義兄弟の死闘。敵の手中にありながら疑がうことを知らないヒロイン。ロンドンとアテネを股に掛けて運命の男女が追いつ追われつのドラマを展開する。神に一番近づけるのは誰か?


necoさんおすすめの"memories of midnight"が図書館にあったので昨日借り、さっそく読み始めたら面白すぎて止められず、英語も読みやすいので結局二日で読み終えてしまいました。この本の前編の"the other side of midnight"は数年前に読んだので内容はあまり覚えていない状態だったので、読み始める前は話についていけるかちょっと不安でしたが、前編の重要な箇所についてはところどころ触れてあり、思い出しながら読み進められました。

舞台は香港の九龍から始まりアテネ、ロンドン etc. を駆け巡り、最後の方には新婚旅行で行ったベネチアも出てきて嬉しかったです。necoさんの言うとおり、舞台の説明が詳細で旅行に行った気にさせてくれる本です。主要な女性の登場人物が三人出てきますが、共通点は並外れて美しく、聡明ですが、男性を見る目がないばかりに破滅に向かっていくところです。

ラストですが個人的には法廷シーンが好きなので、最後も法廷ですべてを暴き出す、というのがよかったかな〜。でも最後までハラハラドキドキ一気に読めました。活字中毒の私にとっては、眠いのに面白すぎて読むのを止められない本がある夜ほど嬉しい夜はないでするんるん

久しぶりにシェルダンを読んで、やっぱりシドニーシェルダンは最高のエンターテイメント作家だと再認識しました。読んだ後に何も残らない小説と批判されているのをたまに見ますが(確かにそうですけど)、読んでいる時にこれだけ楽しませてくれたらいいじゃん、と思います。本人もそれを目指していただろうし。ただ、本当にご都合主義なので、あまり深く考えすぎないで楽しむのがいいと思います(なぜ抜け目のない性格なはずのデミリスがキャサリンをそんな理由でそんな風にそこまで生かしておくの?等考えたらきりがありません)。

posted by Haru at 00:25| Comment(4) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

10月のお買いもの 2

2.英語喉 50のメソッド(CD付) [単行本(ソフトカバー)] / 上川 一秋/ジーナ・ジョージ...

毎回の発音レッスンではレッスンを録音して送ってもらえるのですが、先生の重低音で深み・かつ響き、高低・強弱のある発声と対極にある自分の甲高くて口先のみで発声しているようなフラットな発音がずっと悩みの種でした。

どうにか改善できないかと職場で日本人の英語の発声とネイティブが話す英語を聞き比べてみても、日本人の話す英語はどうも私のように口だけで英語を発声していて発音に深みがなくフラットである印象であるのに対し、ネイティブの英語は上述したような豊かな響きを持っています。

海外駐在経験が長い人で、一見ペラペラ英語を話している人でも日本人発音なので、もうネイティブのような発音を習得するのは一定以上の年齢に達した学習者には不可能だと思い始めていましたが、日本人で私が目指している深み・響きそして音の高低・強弱のある英語を話す方に出会い、その方と話したところ声楽が趣味だとおっしゃっていて、これはもしかして喉の使い方にコツがあるのでは、と考えるのに至りました。

さらに、ベストセラーのアメリカの発音の教材"American accent training"の一節に、「アメリカ人は唇をほとんど動かさずに話す」、という記述があり、これもずっと腑に落ちませんでした。日本語で書かれたいろいろな発音の教材を読む限り、口の中の舌の動き、口の形にフォーカスした練習法がほとんどで、これはAATの著者のいう「アメリカ人は唇をほとんど動かさずに話す」と矛盾しているのではないか、と思っていました。

しかし、口で発音するのではなく、喉を使って発音するのって果たして具体的にどうするの?と思っていたところ、この「英語喉」の本に出会いました。著者は「英語は喉で発音するものなのです。日本語で言うと首にあたる部分の喉です。ネイティブの声が、日本語よりも深く、立体的に響くのには、わけがあったのです。」と断言し、口や舌の動かし方は重要ではないとしており、読んだときこれだ!と思いました。

まだ勉強を始めてから始めてから一週間しか経っていないので、絶対にお勧めとは言えませんが、自分の発音したものをICレコーダに録音して聞き返したところ、深みや響きが増しているように思え、発音の先生にも「発音がよくなった」と言われたので、今はこの本のメソッドをマスターしてみたいと考えています。慣れたら、従来の発音の本に従ってややこしい口や舌の動きを勉強するより、喉の使い方のコツをつかんだほうが簡単かもしれません。

それから、もう一つ、私が英語喉のメソッドと試してみたいと思った大きな理由は、CDで著者自らが英語を発音して教えてくれることです。他の英語発音の教材(英語耳や英語舌etc.)も持っていますが、CDの録音はネイティブ任せのものが殆どなので、先生自身のお手本を聞けることは、モチベーションも上がるし、なによりメソッドに対する信頼感も高まる気がします。

ただ、私には非常に有用に思える教材ですが、アマゾンのレビューをみると賛否両論のようなのと(メソッドの性質上仕方がないかもしれませんが、確かに記述がわかりにくいところがあります)、少々値段が高いので(2,520円)もし興味を持たれた方がいらしたらYou tubeの著者の上川先生が公開されている録画を観てから購入を考えるのも一案かもしれません。You tubeで英語喉、で検索すると出てきます。





posted by Haru at 20:09| Comment(10) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

10月のお買いもの 1

最近出不精に拍車がかかりつつあり、オンラインでの買い物が増えてきました。

1.ゼロからスタート基本動詞 [単行本] / 妻鳥 千鶴子 (著); ジェイ・リサーチ出版 (刊)

以前から「基本動詞」がマスターできれば、言いたい事が表現できる幅がずっと広がるだろうな、と思っていて、基本動詞に関する色々な本に目を通しましたが、いまいちピンとくる本がありませんでした。この本は最近発売されたばかりみたいですが、基本動詞とそれを使った句動詞が使われる順に例文とともに記載されており、そして各動詞のコアとなる考え方が記載されていて(例:takeは"何かを自分の方に「取る」のが基本のイメージ、等)各単語のイメージがつかみ易くて良いな、と思い購入しました。

コルクボードを使ったながら勉強を続けていますが、いつも辞書から書き取っていたためまとまりがありませんでしたが、この本を使ってこれからは基本動詞の習得にまず励みたいと思います。

しかしやりなおし英語勉強歴5年になるというのに、「ゼロからスタート」がぴったりくるなんて・・・。トホホです。
posted by Haru at 20:08| Comment(0) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

Welcome to the world of morning sickness

My dictionary says morning sickness is nausea many women experience during the first trimester of pregnancy. Now that I am in the middle of it, however, I can say it is much more than just nausea. Morning sickness is like straying into another world, where your perception of food is completely changed from what you had in the world you had been in before.

First, in the world of morning sickness, your sense of smell is incredibly enhanced. You can smell things like dogs from miles away. Therefore, you have a hard time being confined in closed spaces packed with many people, such as trains, buses, or even elevators. Those places are filled with a variety of smells including the scent of perfumes, food, and body odors. To make matters worse, the air inside is so stagnant. I almost threw up on the train when a woman sitting next to me started to eat McDonald’s french fries. A kitchen is another place where I can barely stay, as it is full of overpowering smells. A whiff of garbage is more than enough to make me sick!

Second, your mouth tastes so salty and bitter, and your stomach is always queasy, so all the different kinds of food you loved are not appealing anymore. You generally do not have appetite most of the time, except for a strong, weird and random craving for things like french fries, fried chicken, soda, etc. This makes my husband run to 7-Eleven for some cans of Coke at midnight. Aside from these, all I can eat are tomatoes, cucumbers, and potatoes. I can’t bear the sight of any other food. So going to a supermarket is the last thing I want to do.

Anyway, I have to put up with this inconvenience for a while for my unborn baby's sake. To survive this world, my shield is a face mask with a drop of peppermint oil to keep out the bad odors. I hope to leave this strange new world soon!
posted by Haru at 18:06| Comment(6) | Journals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

2011年9月の報告

最近は秋晴れが心地よい日が続いていますねぴかぴか(新しい)憂鬱な朝の出勤でも、玄関のドアを開けて秋の日差しを浴びると途端に幸せを感じ、駅までの道のりも楽しくなってしまいます。大好きな季節ですハートたち(複数ハート)

9月も終わりですが、9月は結局日記を5つしか書けませんでした。9月はお医者さんのアドバイスに従って自宅では「ひたすらごろごろ」を実践してきました。匂いにとても敏感になってしまったので、料理から食器洗いまでほとんど夫にやってもらってますあせあせ(飛び散る汗)帰りは遅いのに文句ひとつ言わずやってくれるので、本当に助かります。料理はできない夫でしたが、先日彼のPCを覗き込んだらどこで見つけたんだかお気に入りに"cookpad"が登録されていて、ちょっとホロリとしてしまいました。

そんなわけで勉強もほとんどしていません。電車の中と昼休みくらいです。幸い仕事で英語は使うので、英語に触れない日はないのですが・・・。しかしオンラインレッスンも取ってないので、PCを立ち上げるのも数日に一回くらいになってしまっています。

電車の中で勉強と言っても洋書を読んでいるだけで、今は図書館で借りたダニエル・スティールの"The Klone and I"(250ページ)というラブコメを読んでいて、明日には読み終わりそうです。ダニエル・スティールは二冊目で、数年前に"accident"という小説を読みました。"The klone and I"の内容は、40代の離婚経験あり子持ち女性が、パリでハンサムでリッチで申し分なく素敵な男性に出会いますが、彼のクローンが登場で思わぬ三角関係が、という話です。気楽に楽しめて、気分転換に良いです。大人向けの本なのに、英語も簡単で辞書がほとんどいらないくらいで、トワイライトよりずーっと楽でした。ダニエル・スティールとシドニー・シェルダンは洋書を読み始めたばかりの人にも読みやすいありがたい作家だと思います。

9月は勉強は一旦お休みする、と決めた直後は自分で決めたことなのに不安になってしまい、今までの勉強方法を記録した日記をつけてすぐに復帰できるようにしたり、リンクのお友達のブログを読んで、こんなに勉強しているんだ、と一人焦ってしまったりしていました。しかし一週間もすると、勉強をしない日々にすっかり慣れてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)今、皆さんのブログを読んでいると、あらためて皆さん本当に勤勉だな、と感心してしまいます。もとから勤勉な人がDMEをやっているのか、それともDMEを進めるには勤勉にならざるを得ないのか、どちらなのでしょうか。皆さんさらりと記録されていますが、このスピードで多読してDMEレッスンを受けたり、レッスン以外にもフリートークやら、単語の勉強などしていて、でも本業は学生じゃなくて会社員だったり主婦だったり別にあったりするのですものね。すごいです。私も皆さんを見習って、11月からこの遅れた分を取り返せるように頑張りたいです。
posted by Haru at 19:36| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

トワイライトとボキャブラリの関係

昨日は雨風がひどくなってきたので、電車が止まることを危惧してお昼過ぎに早退させてもらいました。
先日傘をなくしてしまい、仕方なくビニール傘で出社し強風であっけなく壊れてしまいましたが、折りたたみ傘を持参していたので何とか帰ってきました。とにかく強い風、ななめに降り注ぐ豪雨で前へ進むのがやっとでした。帰宅してニュースを観ていたら、帰宅指示が出た会社として夫の会社が挙げられており、間もなく夫が帰宅し、一安心して、夜の8時には寝てしまいましたダッシュ(走り出すさま)最近起きている時はつわりで毎日船酔い状態で、寝ている時だけが安堵の時です。

なので勉強はお休み中ですが、電車の中でトワイライトの原書は相変わらず読んでいます。そういうとすらすらと何の苦もなく読んでいるみたいに思われるかもしれませんが、実際は電子辞書を引き引き四苦八苦して読み進めています。周りの「おとなしく日本語訳読んどけ」という視線が痛いです(考えすぎ?)。

予備知識なしで読み始め、やっと第一巻を読み終えますが、分からない単語がたくさんあり結構苦労しました。分からない単語は読み飛ばしてもだいたい全体の意味はわかるのですが、そうするとあらすじだけ追っているような読み方になってしまい、せっかく面白い本にめぐりあったのにそれじゃもったいないかなと思ってしまいます。

例を挙げると・・・

主人公の高校生ベラがやっと吸血鬼である同級生エドワードに対する愛情を自覚したシーンですが、

I was unconditionally and irrevocably in love with him.

と書かれています。"in love with"「愛している、惚れている」というフレーズは知っているので、ベラちゃんもやっとエドワードが好きって自覚したのね、ということは辞書を使わない段階でわかります。

そのまま読み進めても意味は通りますが、分からない単語(フレーズ)を辞書で調べ"unconditionally and irrevocably"は「無条件かつ取り返しがつかないほど」という意味と分かってやっと、吸血鬼であるエドワードを愛し続けていくことに対するベラの覚悟やその後の苦難を乗り越えられるほどのベラの愛情の深さを知ることが出来る気がします。

しかし、トワイライトって小学校四年生〜向けなのですねあせあせ(飛び散る汗)自分のボキャブラリーの少なさを痛感させてくれる本でした。DME等を通じて、Active vocabulary(理解できて自分でも使いこなせる語・DME/TOEICレベル)の習得には努力しているつもりですが、映画・本をきちんと理解したいのならPassive vocabulary(会話では使わないけど、見たり聞いたりすれば意味が分かる難しめの語)もできるだけ増やさないとな、と思いました。日本語でもPassive vocabularyとして理解している単語はたくさんあるので(凋落、自明の理である、など)、無理してactive vocabularyにする必要もないし、とりあえず見てわかる位になるよう読書を通じて勉強していきたいと思います。





posted by Haru at 05:43| 東京 ☀| Comment(6) | 英語の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

August XXX

August xx

Yesterday I took a day off from work to see my gynecologist. It was our second appointment after tests failed to detect an embryo 10 days before. She had urged me to come back, and I was so nervous to see her. If she couldn't find an embryo this time, it could imply my pregnancy was a failure.

The doctor is an outspoken woman in her 40s. Her bluntness intimidated me at our first meeting, but I got used to it eventually. Like many doctors in Japan, she has her own busy clinic. I had to wait for 90 minutes before I was finally called in.

After an examination, she confirmed me that an embryo had been detected. I was so relieved; I was over the moon for a moment! Then, she told me the due date, which is next year. I asked her if I could keep up my swimming. She frowned, then said,"Have you ever seen a pregnant woman swimming? I don't think so. If the staff knew you were pregnant, you would be taken out of the pool by any means. You obviously have never read a book on pregnancy. You had better study more books."

It was stated in her usual intimidating way. Normally, I wouldn't have talked back to her and would have just said "Yes" meekly. But that day, I said to her, "You're right. But please do not forget that I knew I am going to be a mother just 5 minutes ago. I know I have a lot of things to learn and I'm willing to do it from now on". The doctor smiled, and I smiled back. Now I am going to a mother, and a mother has to be strong.
posted by Haru at 10:00| Comment(4) | Journals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

フリートーク2コマ

今月に入ってから体調を優先して勉強は殆どしていないのですが、調子のよさそうな時はベルでフリートークレッスンを取ってます。今後もオンラインでの英語レッスンは続けていきたいと思っていますが、どういう風に続けていくかは、もうちょっと落ち着いてから考えようかなと思っています。

今日はダニエル先生でフリートークを二コマ受講しました。普段フリートークを受講する時は一コマなので、二コマ(50分)も話題が持つか、質問事項や教材など用意してから受講した方がいいのか悩みましたが結局何も準備せずレッスン時間がきてしまい、ちょっと不安なままレッスンに入りました。ダニエル先生には開口一番「今日は仕事より家で昼寝するのにうってつけの日だ。帰りたい。」などと言われさらにひるみましたが、先生もだんだんヒートアップして結局30分延長してましたあせあせ(飛び散る汗)レッスン後に歯のクリーニングの予約をしていたのですが、そんな訳で時間がなくほぼすっぴん+メガネで歯医者に行く羽目になりました。担当の衛生士さんがきちんとメイクした綺麗な若い女性だったので、よけい恥ずかしかったです。

ダニエル先生とのフリートークでは、フィリピンの文化、習慣、食べ物などについて話すことが多いのですが、先生独特の視点から話してくれるのでこれがなかなか興味深いです。先生の家族や親戚の話も多いですね。

これから英語の勉強をどう続けるかの相談にも乗ってもらったのですが、DMEをステージ12まで終わらせたと言っても信じてもらえませんでした。どういうことかは今はあまり深く考えないようにしよう・・・ふらふらダニエル先生にはアドバンス取ってみたら、と勧められましたが確かにダニエル先生で受講したらすごく勉強になるかもしれません。

以前お試しでアドバンスを受講させてもらったのですが、まず、先生がテキストに出てくるある分野の関連単語、その単語の定義を読み上げ、生徒がそれをリピートした後、その単語についての質問に答えていくものというものでした。たとえば、「労働」だったら"labor"moonlighting""work"などの関連単語を先生の後に続いて生徒が発音して、その後先生が"labor"の定義を読み上げ、生徒はその定義を繰り返し読み上げた後、質問に答えます。テキストの言葉の選択や定義などはすごく分かりやすい、と思ったのですが、お試しを受けたときの先生が代講で準備する時間がなかったのか、私の回答を「そうだね」というだけで次へ進んでしまい、文法の訂正やアドバイスがほとんどなかったのがちょっと残念でした。

話はアドバンスに逸れましたが、ダニエル先生やリン先生は、まだまだ流暢には話せない私との会話でもまるで友達に話しているように楽しく話をしてくれてそれがいつもすごく嬉しいです。こういう先生のレッスンを受けると、早くもっと英語を上達させていろんなことを話し合ったり、伝えたりしたくなりまするんるん

posted by Haru at 13:07| 東京 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。